グリエール

レインゴリト・グリエール(Рейнгольд Моріцович Глієр, Reinhold Gliere、1875年1月11日 - 1956年6月23日)はウクライナ生まれの、ロシア帝国末期からソ連建国期に活躍した作曲家である。グリエールはスクリャービンやラフマニノフと同世代であり、チャイコフスキーと国民楽派の両方から影響を受けている。初期作品の室内楽や2つの交響曲は、ドイツ後期ロマン派音楽、たとえばブラームスやワーグナーの影響が歴然としているが、それでもなお《交響曲第2番》では、強烈な民族的表現も明らかである。
●グリエールの曲を演奏する演奏会
(今後のが4件、過去のが18件登録されています)

●登録されているグリエールの作品一覧(9件登録)
●グリエールのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. バレエ音楽「青銅の騎士」:7回
2. ホルン協奏曲:4回
3. ハープとオーケストラのための協奏曲:3回
4. コロラトゥーラソプラノとオーケストラのための協奏曲:2回
5. 間奏曲:1回
5. 吹奏楽のための行進曲:1回
5. 音楽劇「ギュリサーラ」:1回
5. 交響曲第1番:1回
5. バレエ音楽「赤いけしの花」:1回
グリエール率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 東邦大学管弦楽団:16.6%のグリエール率
2. 東綾瀬ウインドオーケストラ:12.5%のグリエール率
3. 九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団:11.1%のグリエール率
4. オーケストラ・ダヴァーイ:3.4%のグリエール率
ネット上のグリエール関連情報(自動収集)
ヴァイオリン ソロ (2017-11-19 18:15:02)
comments powered by Disqus