浅井 純 ピアノコンサート 2018


クリックで拡大します

日時: 2018年7月21日(土) 
開演: 19時 (開場: 未定)
   
会場:
名古屋名東文化小劇場

曲目:
ベートーベン
 ピアノソナタ第17番作品31-2「テンペスト」
ショパン
 バラード第3番
シューベルト/リスト:
 「水の上で歌う」「魔王」
ラベル
 道化師の朝の歌
ストラヴィンスキー
 ペトルーシュカからの3楽章


チケット: 自由席 入場無料
チケット販売:
席に制限がありますので,こちらより整理券をお求め下さい。
http://www.junasai.com
[プロフィール]
浅井 純:L.A.フィルハーモニック、Glendale フィルハーモニック、Fort Worth シンフォニー、Utah シンフォ ニー、名古屋フィルハーモニック、上海フィルハーモニックとの共演とともに、 数多くの受賞経験を持つ(L.A. フィル Kaper賞、米国ショパンコンクール、上海国際コンクール、Joanna Hodges 国際コンクール、Bachuer 国際コンクール、 New Orleans国際コンクール、Città di Cantù国際コンクールなど)。これまでに、Eduardo Delgado、Daniel Pollack 、Yoheved Kaplinsky、Leon Fleisher などに師事し、さらにマスタークラスにて、John O’Conor、 Arie Vardi, Mikhail Voskressensky、Nelita True などからも教えを受ける。2002 年には、ニューヨークのカーネーギー・ホール(Weill Hall)にてデビューコンサートを 持ったほか、米国教育テレビ番組「音楽の出会い(Musical Encounter)」にも何度か出演、さらに映画「スニーカーズ」(ロバート・レッドフォード主演)に て神童ピアニストとして出演。オクラホマ州タルサ市にて生まれ、3才よりピアノを習い始め、その後、カルフォルニア州パサディナにある音楽学校 (Pasadena Conservatory of Music)、またロサンジェルスの Colburn 音楽学校でピアノ、及び作曲を学ぶ。15才でニューヨークの Julliard School に入学し、 2004年修士号を得、現在、Leon Fleisherの指導の下、博士課程で学ぶ。11才の時より、教会でのピアニストとして賛美の伴奏を務め、教会での音楽部門の様々な活動に携わってきた。パサディナ市にあ るダヴァール教会の音楽ディレクターも務める。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ベートーヴェンのピアノソナタ第17番「テンペスト」のCDを検索
ショパンのバラード第3番のCDを検索
ラヴェルの道化師の朝の歌のCDを検索
ストラヴィンスキーのバレエ「ペトルーシュカ」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus