kuniko kato arts project BACH - 「加藤訓子バッハを弾く。」


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2017年10月27日(金)
会場:
東京カテドラル聖マリア大聖堂

曲目:
JS. Bach:
 無伴奏チェロ組曲、無伴奏ヴァイオリンソナタより


「クニコ・プレイズ・ライヒ(kuniko plays reich)」、「カントゥス(Cantus)」、「IX ~ クセナキス(Xenakis: IX)」と世界的な大ヒットが続いた、日本を代表するパーカッショニスト、加藤訓子。スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、ついにJ.S.バッハの音楽が登場!
エストニアのタルトゥ市にある13世紀に建造されたヤンニ教会で1ヶ月に渡る収録の末、今年6月23日に英リンレコーズより世界発売。
バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身のチョイスで「無伴奏チェロ組曲」の第1番、第3番、第5番と「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」の全3曲、「平均律クラヴィーア曲集第1巻」から第1番の前奏曲、リュートのための前奏曲を選択し、マリンバ独奏のために編曲。加藤訓子が「究極のミニマリズム」と称するバッハの作品集は、「ライヒ」、「ペルト」、「クセナキス」を上回る大きな衝撃を音楽界へ与えています。
6月、広島、出雲、兵庫、京都、名古屋でのツアーを終え、7月は、エストニアとロシアにて公演、8月は、5週間を掛けて豪州各都市を回り、10月に地元豊橋でのコンサートの後、10月27日には東京カテドラルにてソロ公演を実施。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
kuniko kato arts projectの演奏会一覧
kuniko kato arts project全演奏曲リスト
kuniko kato arts projectのホームページ


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus