横浜みなととなみ管弦楽団 第5回演奏会


クリックで拡大します

日時: 2018年8月12日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
めぐろパーシモンホール 大ホール

曲目:
リムスキー=コルサコフ
 「ロシアの復活祭」序曲
ベリオ
 フォーク・ソングズ
  メゾ・ソプラノ: 熊井千春
バルトーク
 管弦楽のための協奏曲

指揮:
   児玉章裕

チケット: 自由席 入場無料
上(左)から読んでも「みなととなみ(港と波)」、下(右)から読んでも「みなととなみ」。「横浜みなととなみ管弦楽団」の第5回演奏会は、民謡・大衆歌・宗教歌がステージに上がるとき、というテーマです。作曲家たちが自らのアイデンティティを意識し表現するために、これらの音楽とどう向き合い、どのような衣装を纏わせてステージに上げたのか?

リムスキー=コルサコフはロシア正教の復活祭を音によって描くことで、自らのロシア人としての矜持を明らかにしました。ベリオの作品は妻であったメゾ・ソプラノ歌手バーベリアンのために書かれ、彼らと関係の深いアメリカからヨーロッパ、そして中央アジアの民謡を新鮮な感覚でアレンジしました。バルトークは当初後期ロマン派の作風からスタートしましたが、出身地ハンガリーのみならず広範な地域で精力的に民俗音楽を収集しました。そしてその精神や技法を自らの作品に取り入れ、独自の作風を築き上げていったのです。

日頃の私たちの生活の中でも、朝から晩までいろいろな音楽が耳に飛び込んできます。作曲家だって同じです。コンサートホールの音楽だけでなく、当時のいろいろな音楽に囲まれて日々生活していたのですね.

お問い合わせ先:
<メール>http://minatotonami.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
横浜みなととなみ管弦楽団の演奏会一覧
横浜みなととなみ管弦楽団全演奏曲リスト
横浜みなととなみ管弦楽団のホームページ
リムスキー=コルサコフの「ロシアの復活祭」序曲のCDを検索
ルチアーノ・ベリオのフォーク・ソングズのCDを検索
バルトークの管弦楽のための協奏曲のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus