OB交響楽団 第196回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2018年6月3日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
杉並公会堂 大ホール

曲目:
ワーグナー
 歌劇「リエンチ」序曲
ベートーヴェン
 交響曲第1番ハ長調 op.21
グラズノフ
 交響曲第6番ハ短調 op.58

指揮:
   田久保 裕一

チケット: 自由席
      当日券 1,000円
      前売券 800円
チケット販売:
前売券は当団HPからお申し込み下さい。
当日券は演奏会場にて販売しておりますが、売り切れる場合がありますので、前売券での入手をお奨めしております。
長い歴史を持つOB交響楽団、今回は第196回定期演奏会ですが、そろそろ第200回という名前が現実のものとして近づきつつあるのが実感として感じられてきました。
さて、今回の演奏会は何と言っても「グラズノフ」ですね。当団としては初めての作曲家となります。グラズノフは作曲家としてよりも指揮者としての逸話が多く、特に酒を飲みながら指揮をするのはとても有名な話です。ラフマニノフの交響曲第1番の初演ではへべれけになって指揮をしたおかげで、折角の名曲が台無しになってしまい、現代に至るまでラフマニノフのファンからグラズノフは蔑視され続けています。
作曲に話を戻しますが、グラズノフは交響曲を8曲(未完除く)作っており、中でも4,5,6番は比較的演奏される機会が多いようです。いずれの交響曲にも共通した作風は、随所に美しいクラリネットの長いソロがあることです。当団ではそれを吹くに相応しい上手なクラリネット奏者を配置しておりますので、その点では本日の聞き所の一つになることは間違いありません。
また、当団ではワーグナーを演奏する機会はかなり多いのですが、「リエンチ」序曲についてはこれも初めての演奏となります。この曲はトランペットが最初から最後まで、静寂から大音響までと本当に大活躍、トランペット祭りと言っても過言ではありません。冒頭のトランペットのAの音はチューニングのAの音なので全く緊張しないと言う人もいれば、緊張で音が出ないとか音が震えてしまう人もいるそうです。勿論、当団は前者の方ですので安心して聴いて戴ければと思います。
それでは、今回は初物尽くしの演奏会をお楽しみ下さい。
招待券入手方法:  抽選で30名様まで演奏会の招待状をプレゼントさせて戴いております。御希望の方は、 まで、「御名前(フルネームで)」、「郵便番号」、「御住所」を記載の上、直接お申込み下さい。なお、当選発表は招待状の発送を以って代えさせて戴きます。何卒御了承下さい。また、当選者の方は当団の一般会員に登録させて頂きます。皆様、奮ってご応募下さい。
お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
OB交響楽団の演奏会一覧
OB交響楽団全演奏曲リスト
OB交響楽団のホームページ
ワーグナーの歌劇「リエンツィ」のCDを検索
ベートーヴェンの交響曲第1番のCDを検索
グラズノフの交響曲第6番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus