新日本交響楽団 第100回記念演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年3月11日(日)
会場:
すみだトリフォニーホール・大ホール

曲目:
P.I.チャイコフスキー
 序曲「1812年」 作品49(合唱付き)
L.v.ベートーヴェン
 交響曲第9番 ニ短調 作品125
  ソプラノ: 隠岐 彩夏
  アルト: 輿石 まりあ
  テノール: 隠岐 速人
  バス: 黒田 祐貴

指揮:
   橘 直貴

創設50年を経て、新日本交響楽団は第100回記念演奏会を迎えます。この節目に選んだのは、ベートーヴェンの交響曲第9番です。いわゆる「第九」です。第3楽章までの音楽をバリトンが「こんな音楽じゃない!」と否定することから始まる第4楽章は、いくつもの苦難を乗り越えた先にある「歓喜」を「兄弟たち」とともに高らかに謳います。100回目の演奏会までに及ぶ我々の楽団の活動も、必ずしも平坦ではなかったと思います。楽団を支えてくださるすべてに感謝致します。この演奏会では、楽団の100回を祝うと同時に、「第九」に込められた〈人類の連帯と平和〉という強いメッセージを改めてかみしめたいと考えています。100回を記念に新たな第一歩を踏み出す新日響の、感謝と希望の「第九」をぜひお聴きいただければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
新日本交響楽団の演奏会一覧
新日本交響楽団全演奏曲リスト
新日本交響楽団のホームページ
新日本交響楽団のツイッターアカウント
チャイコフスキーの序曲「1812年」のCDを検索
ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus