ザ・シンフォニカ 第63回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年2月12日(月)
会場:
すみだトリフォニーホール 大ホール

曲目:
ラヴェル
 高雅で感傷的なヴァルス
ラヴェル
 バレエ音楽「マ・メール・ロワ」
プロコフィエフ
 交響曲第7番嬰ハ短調 作品131

指揮:
   矢崎 彦太郎

ナレーション: 中井 美穂
ザ・シンフォニカは1986年、大学を卒業したての新米社会人と学生を中心に発足しました。30周年を越えた現在、メンバーの大半が職場や家庭で重要な役割を担う世代となり、時間的な制約が厳しくなる中、「良い音楽」への思いを強くし、何よりも「このオーケストラが好きだ」という気持ちで現在まで活動を続けてきました。
今回は矢崎彦太郎先生をお迎えし、ラヴェル、プロコフィエフの作品に取り組みます。ひとりでも多くのお客様が、私どもと演奏を通して素敵な時間を共有してくださることを願いつつ、団員一同、練習に励んでいます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
ザ・シンフォニカの演奏会一覧
ザ・シンフォニカ全演奏曲リスト
ザ・シンフォニカのホームページ
ラヴェルの高雅で感傷的なワルツのCDを検索
ラヴェルのマ・メール・ロワのCDを検索
プロコフィエフの交響曲第7番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus