テレマン室内オーケストラ ≪中之島をウィーンに!≫日本テレマン協会 第242回 定期演奏会 ベートーヴェン 交響曲第6番 「田園」


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2017年7月11日(火)
会場:
大阪市中央公会堂 中集会室

曲目:
ベートーヴェン
 交響曲第6番「田園」
モーツァルト
 ピアノ協奏曲 第17番 ト長調
C.P.E.バッハ
 シンフォニア ト長調

指揮:
   延原武春
   フォルテピアノ: 高田泰治

ベートーヴェンが求めた音はこの響きだった…。
この夏、大阪市中央公会堂で復活するベートーヴェン「田園」初演の響き。
ドイツから功労勲章を授賞した日本人唯一の指揮者によるアプローチに注目!

「田園」…どこでも聴けそうな曲だと思いませんか?
延原武春&テレマン室内オーケストラの演奏は一味違います。
オーケストラの楽器は全てベートーヴェン達の生きていた時代のスタイルで演奏します。
このように作品の時代に合わせた楽器による演奏は、
日本ではあまり浸透していませんが、ヨーロッパでは広く親しまれています。
これらの楽器を使う事により、1808年の初演に近い響きを出す事ができます。
楽器のコントロールにおいても、モダン楽器だと無理が生じるアーティキュレーション 表現 をより自然に演奏できるのが特徴です。

具体的にはどのような音色が出るのでしょうか?

やはり、大ホール用に改良されたモダン楽器のオーケストラとは全く別物です。
もちろん改良前の楽器ですので、モダン楽器と比べて艶や迫力こそは劣ります。
その一方、素朴な響きで各楽器がうまく溶け合い、演奏を聴いた後は、
「この曲がこんな風に聴こえるなんて、作品の印象が変わった!」と言う感想を多く頂戴します。
古い演奏スタイルでありながら、耳には新鮮な響きを...。
違いは、皆様の耳でお確かめ下さい。

指揮と解説は、大阪の名物指揮者・延原武春。

ベートーヴェンへのアプローチは定評があり、ドイツ本国から功労勲章を授賞した日本人唯一の指揮者です。
古楽器とモダン楽器の違いなどについても、延原による解説でご案内いたします。

コンサートの舞台は、大阪が誇る国の重要文化財・大阪市中央公会堂。

ヨーロッパ宮廷のような雰囲気が味わえると人気を呼んでいます。
コンサートホールでは絶対に味わえないレトロな雰囲気です。
まさに、モーツァルト達が生きていた当時のサロン空間にタイムスリップ!

これぞ《音楽・建築・文化》が一体となった、クラシックコンサートの最先端の楽しみ方!
この夏、絶対に聴き逃せないコンサートです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
テレマン室内オーケストラの演奏会一覧
テレマン室内オーケストラ全演奏曲リスト
テレマン室内オーケストラのホームページ
ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」のCDを検索
モーツァルトのピアノ協奏曲第17番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus