フランスの音 - Sonates Françaises


クリックで拡大します

日時: 2017年9月4日(月) 
開演: 14時30分 (開場: 14時)
   
会場:
ルーテル市ヶ谷ホール

曲目:
J.M. ルクレール
 トリオソナタ『序曲』
F.クープラン
 諸国の人々よりピエモンテ人
J. F. ルベル:
 舞曲さまざま


チケット: 自由席
      前売券 3500円
      当日券 4000円
      学生 1500円
チケット販売:
◆チケット購入問合せ
080-5014-3303(アントレ編集部)
(sonates françaises事務局)
17世紀後半、ソナタはイタリアからフランスへと旅をする。ルイ14世支配下のヴェルサイユで様々な舞曲と出会ったソナタは、ソナートと名付けられフランスで独自に開花してゆく。その新しくエキゾチックな形態にフランスの作曲家たちは魅了され、一様に取り入れ始めた。楽器が最も輝く-音- を求めて。

◆出演者
小池ユキ(バロック・ヴァイオリン)
榎田摩耶(バロック・ヴァイオリン)
石橋輝樹(トラヴェルソ)
野崎真弥(トラヴェルソ)
品川 聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
中川亜由美(チェンバロ)

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
クープランの組曲集「諸国の人々」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus