【中止】フィオリ・ディ・チリェージォ合奏団 第13回演奏会


クリックで拡大します

新型コロナウイルスの影響で中止/延期になった演奏会も多くなっております。開催されるかどうか、必ず主催者様のホームページでご確認ください。
日時: 2020年4月4日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
府中の森芸術劇場・ウィーンホール

曲目:
ホープ:
 モーメンタム組曲
アンタイル:
 弦楽のためのセレナード第1番
モーツァルト
 ディヴェルティメントKv.137
ハメリク:
 交響曲第6番「スピリチュエル(魂の交響曲)」

指揮:
   時任 康文

チケット: 自由席 1,500円
コロナウィルスの影響により、演奏会が中止となりました。



前半は、イギリスとアメリカの近現代作品を取り上げます。イギリスではBBC・TVニュースのテーマ曲の作曲家として知られているホープの楽しい「モーメンタム組曲」と、アメリカの近代作曲家アンタイルの楽しくも独創的な響きが印象的なセレナードを取り上げます。です。
後半はモーツァルトの名曲ディヴェルティメントの軽妙洒脱な世界と、デンマークのロマン派作曲家ハメリクの弦のみの交響曲で重厚な弦の響きをお届けします。
モーツァルト以外は、いずれも日本では演奏機会がまだ少ない珍しい作品ですが、弦楽合奏という編成でありながら、各々全く異なる響きがする、弦楽合奏の奥深さをお楽しみいただけたら幸いです。


お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
フィオリ・ディ・チリェージォ合奏団の演奏会一覧
フィオリ・ディ・チリェージォ合奏団全演奏曲リスト
モーツァルトのディヴェルティメント K.137 変ロ長調のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus