【公演中止】モーツァルトが愛した楽器シリーズ ハルモニームジーク!


クリックで拡大します

新型コロナウイルスの影響で中止/延期になった演奏会も多くなっております。開催されるかどうか、必ず主催者様のホームページでご確認ください。
日時: 2020年5月12日(火) 
開演: 19時 (開場: 18時30分)
   
会場:
豊洲文化センター シビックセンターホール

曲目:
ベートーヴェン
 木管八重奏曲 Op.103
マイール:
 ソナタ ~2本のクラリネット、バセットホルン、2本のホルン、ファゴットのための~
モーツァルト
 アンダンテ(?) ~木管八重奏のための~ K.384B ※後藤洋による補筆版 世界初演
フィアラ:
 五重奏曲 No.2 ~2本のイングリッシュホルン、2本のホルン、ファゴットのための~
モーツァルト
 アダージョ ~2本のバセットホルンとファゴットのための~ K.410

   オーボエ・イングリッシュホルン: 三宮正満
   クラリネット・バセットホルン: 満江菜穂子
   ホルン: 塚田 聡
   ファゴット: 岡本正之

チケット: 自由席
     一般 4,000円
     後援団体割引券 3,500円
     U-25(25歳以下) 2,000円
チケット販売:
チケットのお申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S18362214/

イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/3217800001
【公演中止のお知らせ】
ハルモニームジーク!
当公演は新型コロナウイルス感染症の影響により、公演中止とすることが決定されました。
既にチケットをお買い求めいただいた方全員に順次メールもしくは電話でチケット代金の払い戻しについてご連絡しております。
演奏者9人ともピリオド楽器によるハルモニームジーク!公演に向け楽器の手配から準備を進めていただけに、今回の中止決定に残念でならない気持ちでおります。
また新たな演奏会の案内を楽しみにお待ちいただけますと幸いです。



200年の時を経て、今ここによみがえる「モーツァルトが愛した楽器」シリーズ第2弾!
ピリオド楽器のスペシャリストたちがお届けする、ハルモニームジーク。

「音楽の贈り物ハルモニームジーク」
宵闇迫る街角からなにやらハーモニーが聴こえてきます。
かけよってみれば、管楽器の合奏団が気の利いたメロディーを奏でているではありませんか。
窓辺には娘さんが。うっとりと耳を傾けています。なんてすてきな贈り物でしょう。

また、貴族のディナーには、管楽器の生演奏が食事に彩りを添えました。
時には、楽師たちが奏でる流行りのオペラのフレーズと一緒に歌ったり踊ったり。
ハルモニームジークは、人々の生活に溶け込んでいたのです。

モーツァルトやベートーヴェンの傑作セレナーデのほか、イングリッシュホルンやバセットホルンの入った同時代の作品。
また、モーツァルトの知られざる未完成ハルモニームジークを、吹奏楽作品研究の第一人者である後藤洋が補筆完成させた作品など、聴きどころ満載のコンサート!

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
ベートーヴェンの管楽八重奏曲のCDを検索
モーツァルトのアダージョ ヘ長調 K.410のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus