Telemann 室内楽絵巻 第三段


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年10月3日(日) 
開演: 17時 (開場: 16時30分)
   
会場:
Space 415

曲目:
Georg Philipp Telemann
 Sei Sonatine Per Violino e Cembalo TWV41:A2, B2, D2, G3, E1, F1
Georg Philipp Telemann
 6 Trios, No.4 in D for 2 Violins and BC, TWV41:D1
Georg Philipp Telemann
 Sonata in d for 2 Violins and BC TWV41:d8

   バロック ヴァイオリン: 保坂喬子
   バロック ヴァイオリン: 松永綾子
   チェンバロ: 中川岳

チケット:
     一般 3,000円
     学生 1,000円
チケット販売:
予約フォーム  https://forms.gle/VDLFGtEGSyVgHpxQ9
2021年2月にスタートした、テレマンの室内楽作品と共にその足跡を辿る試み「Telemann 室内楽絵巻」の第三段。

第一段でご紹介したテレマン自身出版楽譜第一冊の「6つのチェンバロ伴奏付ヴァイオリンソナタ」、第二段でご紹介した第二冊「小さな室内楽曲集」に続き、フランクフルト時代出版の第三冊の6つのトリオ集から1曲、第四冊「6つのソナチネ」全曲、そして同時代に作曲されたと思われるトリオソナタを1曲を、イタリアを拠点に活躍するバロックヴァイオリン奏者の松永綾子さんと共にお送りします。

時に協奏曲にも聞こえるような、華やかでソリスティックなパッセージがヴァイオリンパートに目立つ「6つのソナチネ」。それに、2本のヴァイオリンと通奏低音がしっかりと絡み合うザ・室内楽、のトリオソナタ2曲が加わり、コントラストのあるプログラム。

フランクフルト時代のテレマンが、何を思い、何を見て、誰の為にこの作品を書いたのか?共に音楽絵巻を広げるような時間を。

お問い合わせ先:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus