フランスのリコーダー音楽 CD発売記念


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年5月21日(土) 
開演: 17時 (開場: 16時30分)
   
会場:
日本ホーリネス教団 東京中央教会

曲目:
L.d.ケ・デルヴロワ:
 組曲 第2番 へ長調
P.D.フィリドール:
 組曲 第5番 ト短調
L.クープラン :
 ブランシェ氏へのトンボー
C.デュパール:
 組曲 第6番 ヘ短調

   リコーダー: 柿原 よりこ
   チェンバロ: 土居 瑞穂
   ヴィオラ・ダ・ガンバ: 福澤 宏

チケット: 自由席
     60席(定員の半数)限定 4,000円
チケット販売:
(株)ギタルラ 東京古典楽器センター tel:03-3952-5515/fax:03-3952-5516
 踊りから生まれたフランスの音楽は、活気のあるリズムで、喜びにあふれた楽しい音楽です。
 このコンサートは、17~18世紀半ばにかけてルイ14世とルイ15世の時代にフランスのサロンや宮廷で演奏され、踊られていた音楽を中心にプログラムを組みました。
 序曲、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォット、メヌエット、ジーグというように個性的な踊りを集めたデュパールの組曲、数曲の踊りの間に、サヨナキドリのおしゃべりを表現した曲や蝶々が舞う情景を描写した曲が挿入されているルイ・ド・ケ・デルヴロワの組曲も魅力的です。

お問い合わせ先:
<メール>アンサンブル・フェリチタ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus