阪神間モダニズムの音楽 作曲家ヨーゼフ・ラスカ、貴志康一、山田耕筰 日本のうたと旋律


クリックで拡大します

日時: 2024年2月24日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
ルネサンス クラシックス芦屋ルナ・ホール

曲目:
貴志康一
 赤いかんざし、かごかき(歌曲)
貴志康一
 黒船、竹取物語、龍(ヴァイオリン曲)
山田耕筰
 風に寄せてうたへる春の歌(歌曲)
山田耕筰
 哀愁の日本(ヴァイオリン曲)
ヨーゼフ・ラスカ:
 とても静かになって(歌曲) 日本初演
ヨーゼフ・ラスカ:
 神戸ヤポニカのための2つの小品(ピアノソロ)
ヨーゼフ・ラスカ:
 7つの俳句(ソプラノ、ヴァイオリン、ピアノ版)

   ソプラノ: 松原みなみ
   ヴァイオリン: 中嶋弥生
   ピアノ: 山中歩夢

チケット: 指定席券販売
     一般前売り 2000円
     一般当日 2500円
     小中学生券 1000円
日本の西洋音楽の黎明期の大正〜昭和を駆け抜けた作曲家、ヨーゼフ・ラスカ、貴志康一、山田耕筰の名曲を、「日本のうたと旋律」をテーマに、気鋭の三人が演奏、日本 X 西洋の音絵巻を繰り広げます。上記以外のヨーゼフ・ラスカの知られざる名曲も演奏します。お聴き逃しなく! 

お問い合わせ先:
<電話>0797-35-0700
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
貴志康一の7つの日本歌曲のCDを検索
山田耕筰の風に乗せてうたへる春のうたのCDを検索
山田耕筰の哀愁の日本のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus