(公財)浜松交響楽団 第88回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2020年3月15日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
アクトシティ浜松 大ホール

曲目:
チャイコフスキー
 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
コルンゴルト
 ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
  ヴァイオリン: 長尾春花
プロコフィエフ
 組曲「ロミオとジュリエット」より

指揮:
   井﨑 正浩

チケット: 指定席券販売
     指定席 2000円
     自由席 1500円
     学生自由席(小・中・高) 1000円
チケット販売:
浜松交響楽団事務局(TEL/FAX:053-454-6722)
アクトシティチケットセンター
HCFオンラインショップ(https://www.hcf.or.jp/shop/)
(株)ヤマハミュージックリテイリング浜松店3F
今回は、近代ロシアを代表する作曲家、チャイコフスキーとプロコフィエフが、シェイクスピアの不朽の名作「ロミオとジュリエット」を題材に書いた序曲と組曲を取り上げました。また、ソリストに長尾春花さんをお迎えし、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲を演奏します。オリンピックイヤーに浜響が創るロマンチックな調べをお楽しみください。
指揮者は、浜響とは10回目の共演となる井﨑正浩さんです。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

指揮 井﨑正浩
ヴァイオリン 長尾春花

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
プロコフィエフ 組曲「ロミオとジュリエット」より

〜曲目紹介〜

チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
荘厳な雰囲気の序奏、モンタギュー家とキャピュレット家の争いを描いた激しい第1主題、2人の愛のテーマを奏でる第2主題を経て、悲劇の結末へと向かいます。はかなくも美しい愛の物語を約20分間で見事に表現した名曲です。

コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
現在のチェコ共和国出身の作曲家コルンゴルトは「モーツァルトの再来」と言われる程、優れた才能の持ち主でクラシックだけでなく、映画音楽にも大きな功績を残しました。この曲も映画音楽のテーマが随所に表われ、華麗な超絶技巧の中にも幻想的な雰囲気を醸し出しています。掛川市出身で国内外で活躍中のヴァイオリニスト、長尾春花さんの演奏をご堪能ください。

プロコフィエフ 組曲「ロミオとジュリエット」より
プロコフィエフはバレエのために「ロミオとジュリエット」を作曲しましたが、今回は作曲者自身によって書かれた3つの組曲より名場面を表現した曲を抜粋してお送りします。テレビでおなじみの「モンタギュー家とキャピュレット家」から始まり、2人の愛と別れ、悲劇の結末に至るまでをハイライトでお楽しみください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
(公財)浜松交響楽団の演奏会一覧
(公財)浜松交響楽団全演奏曲リスト
(公財)浜松交響楽団のホームページ
チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」のCDを検索
コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲のCDを検索
プロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus