(公財)浜松交響楽団 第91回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年12月5日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
アクトシティ浜松 大ホール

曲目:
チャイコフスキー
 バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71(ハイライト)
チャイコフスキー
 交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

指揮:
   松岡 究

語り: 田辺 一邑(講談師)
チケット: 指定席券販売
     指定席S 2000円
     指定席A 1500円
チケット販売:
アクトシティチケットセンター
HCFオンラインショップ( https://www.hcf.or.jp/shop/
<当日券販売開始12:30>
~チャイコフスキーの華と陰~
ロシアを代表する作曲家、ピョートル・チャイコフスキー。彼は激動の人生を生きながら、数々の名曲を世に残しました。
今回は、その中から対照的な傑作である2作品を演奏します。
バレエ音楽「くるみ割り人形」では、浜松市出身の講談師、田辺一邑さんをお迎えして、お話と音楽で華やかな世界を、交響曲第6番「悲愴」では、メランクリックな憂いに満ちた、美しい世界をお届けします。
『チャイコフスキーの華と陰』をたっぷりとお楽しみください。

指揮:松岡究
語り:田辺一邑(講談師)

曲目:
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71(ハイライト)
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」

~曲目ご紹介~

チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71(ハイライト)
年末の風物詩として世界中で親しまれる三大バレエのひとつです。今回は、講談師の田辺一邑さんと異色のコラボレーション!
新井鷗子さんの「お話クラシック」を基に、お話と音楽でキラキラとした夢の世界をお届けします。

チャイコフスキー/交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
チャイコフスキーが「人生」と称した、最晩年の傑作です。どん底の暗さと夢、嵐に満ちた第1楽章に始まり、悲しくも優雅な第2楽章、勝利へと突き進む第3楽章、一転して悲劇的な第4楽章へと続きます。静かに息絶えるように消えるフィナーレは、当時としては異例のものだったようです。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
(公財)浜松交響楽団の演奏会一覧
(公財)浜松交響楽団全演奏曲リスト
(公財)浜松交響楽団のホームページ
チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」のCDを検索
チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus