クランクレーデ クランクレーデ演奏会 2018


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年7月28日(土)
会場:
豊中市立文化芸術センター 大ホール

曲目:
コープランド
 バレエ組曲「アパラチアの春」
バーバー
 ヴァイオリン協奏曲 作品14
  ヴァイオリン: 清永あや
ブラームス/シェーンベルク編曲
 ピアノ四重奏曲第1番 ト短調

指揮:
   藤田 謹也

今回の演奏会で取り上げるプログラムは、どれも1930年代後半から1940年代半ばに、アメリカ合衆国で作曲され、また成立した曲ばかりです。美しく、優しく、楽しく、穏やかな雰囲気が支配的です。
しかし「時代」は違いました。ヨーロッパに、東アジア・太平洋に、暗雲が垂れ込め、戦禍が各地を覆い、多くの人々が苦難の中を生き、絶望のうちに死んでいった時代、アメリカも両面に戦線を展開し、多くの国民を戦場に送り出していましたが、自国が戦禍にまみえることはなく、アメリカ市民はこのような音楽を聴き、バレエを楽しんでいたのです。過去も、現在も、未来も、「アメリカ」はこのような国でありつづけるのでしょう。正義と民主主義の牙城であると同時に、悪の根源・枢軸でもある不思議の国。ビバ、アメリカ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
クランクレーデの演奏会一覧
クランクレーデ全演奏曲リスト
クランクレーデのホームページ
クランクレーデのツイッターアカウント
コープランドのバレエ「アパラチアの春」のCDを検索
バーバーのヴァイオリン協奏曲のCDを検索
ブラームスのピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編曲版)のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus