横浜みなととなみ管弦楽団 第11回演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年1月9日(日)
会場:
横浜市南公会堂 ホール

曲目:
モーツァルト
 ディヴェルティメント 変ホ長調 K.113
モーツァルト
 ディヴェルティメント ニ長調 K.131
ブラームス
 セレナード第2番 イ長調 Op.16

指揮:
   児玉章裕

上(左)から読んでも「みなととなみ(港と波)」、下(右)から読んでも「みなととなみ」。
「横浜みなととなみ管弦楽団」の第11回演奏会は、室内オーケストラによる小規模な演奏会です。通常の編成の市民オケでは降り番が多すぎて、まず実現不可能。また有名曲がひとつもない(ブラームスはほんのちょっぴり有名?)という、実に「みなととなみ」らしい(笑)演奏会です。
モーツァルトのK.113は、彼がイタリア旅行中にクラリネットに出会い、初めてこの楽器のために書いた作品です。(その当時クラリネットはまだ誕生して間もない楽器であり、モーツァルトの生地ザルツブルクにはありませんでした。)
同じくK.131はモーツァルトの「オケコン」ともいえるような作品で、木管群、4本のホルン、弦楽器がコンチェルタンテに絡み合います。特に4本のホルンの技巧を凝らした名技が聴きものです。
ブラームスのこのセレナードでは、ヴァイオリンが使われていません、そのため、落ち着いた音色の作品となっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会この団体の次の演奏会→
横浜みなととなみ管弦楽団の演奏会一覧
横浜みなととなみ管弦楽団全演奏曲リスト
横浜みなととなみ管弦楽団のホームページ
モーツァルトのディヴェルティメント第1番のCDを検索
モーツァルトのディベルティメントニ長調K.131のCDを検索
ブラームスのセレナード第2番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus