メンタルサービスセンター 『パープルリボン・ミニ・コンサート』開催!!━━━《パープルリボン作曲賞》創設記念


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年11月15日(月) 
開演: 17時45分 (開場: 17時30分)
   
会場:
スタジオ・ヴィルトゥオージ

曲目:
J.S.バッハ/F.リスト編曲
 幻想曲 ト短調,BWV 542
  ピアノ: 米永志奈乃
J.ブラームス
 間奏曲 ロ短調,作品119-1
  ピアノ: 草柳和之
野村誠:
 DVがなくなる日のための『インテルメッツォ(間奏曲)』
  ピアノ: 草柳和之
清水友美:
 「朗読舞台『ひまわり~ DVをのりこえて』のためのピアノ作品」より 演奏&朗読(抜粋) 世界初演
  ピアノ: 清水友美
野村誠:
 草柳和之作詞『DV撲滅ソング~DVカルタを歌にした』
  ソプラノ: 坂本雅子


チケット: 自由席 入場無料
チケット販売:
〔参加費〕無料(カンパを歓迎します.)
【パープルリボンは、女性に対する暴力撤廃運動の国際的シンボルマークです.】

誰もが女性・男性の良好な関係を築きたいと願っています。それを目指すのが《パープルリボン・コンサート》です。「暴力賛成」という人は殆どいない、だから《パープルリボン・コンサート》 は、多くの人々に愛されるコンサートです。

2017年より毎年開催してきた本コンサートは、昨年、コロナ禍のためお休みし、今年は新たな形で復活しました。実は本年、パープルリボン作曲賞を創設、秋にはいよいよ作品の公募を開始します。本コンサートの演奏者は、作曲賞の審査員と演奏支援の音楽家です。多くの方のご参加をお待ちしています。


★本コンサート当日の午後に《パープルリボン作曲賞》創設についての記者会見を開き、休憩に引き続いて、それを記念してのミニ・コンサートの開催です。

■《パープルリボン作曲賞》仮設サイト→→ http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/purple%20ribbon%20composition%20award%20page.html

■《パープルリボン・ミニ・コンサート》サイト→→ http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/2021.11-purple%20ribbon%20mini-concert%20page.htm

《出演予定者profile(一部のみ)》
【野村 誠】
日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター。世界的に活躍する作曲家、ピアニスト。インドネシア国立芸術大学客員教授、東京芸術大学講師等を歴任。2003年第1回アサヒビール芸術賞、他の受賞歴がある。著書に『音楽の未来を作曲する』(晶文社)他多数。2018年ボーンマス交響楽団Cornwall Residencyにゲストコンポーザーとして参加。「MITO Settembre Musica 2019」(イタリア)、「Solo International Performing Arts 2021」(インドネシア)などの音楽祭出演や、BBC Radio3(イギリス)、Polskie Radio(ポーランド)などのラジオで特集されるなど、彼の作品は20カ国以上で演奏されている。パープルリボン作曲賞審査員。

【清水 友美】 
ピアニスト、作・編曲家、ダンサー、シンガー、MCなど幅広く活動。武蔵野音大ピアノ科卒。現代音楽コンクール“競楽VI”第3位等、多数入賞。2002年Luc Ferrari氏の作品を演奏するピアニストとして1位選出されソロリサイタルデビュー。複数の作曲家が清水を想定した新作を書き、世界初演を多く手掛け、毎年リサイタルツアーも開催。幼少からダンスを学び、DV被害者の手記「ひまわり」朗読舞台には女優・ダンサーとして出演。演劇やダンス音楽を中心に、作曲の依頼も数多い。地元・湘南を音楽やアートで盛り上げる市民団体「湘南SHOW点」代表。FM湘南ナパサのラジオ番組「清水友美のLOVE湘南」毎週土曜20:30~放送中。パープルリボン作曲賞審査員。 ◇? 音楽で 非暴力の輪 広げよう! ?◇

お問い合わせ先:
<電話>03-3993-6147
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
メンタルサービスセンターの演奏会一覧
メンタルサービスセンター全演奏曲リスト
メンタルサービスセンターのホームページ
J.S.バッハの幻想曲とフーガ ト短調「大フーガ」のCDを検索
ブラームスの4つの小品のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus