武蔵大学管弦楽団 第77回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年12月8日(土)
会場:
保谷こもれび大ホール

曲目:
ベートーヴェン
 序曲「コリオラン」ハ短調 Op.62
ビゼー
 劇音楽「アルルの女」第1組曲
ボロディン
 「交響曲第2番」 ロ短調

指揮:
   高畠浩

武蔵大学管弦楽団(MUO)の第77回定期演奏会は、ロシアの作曲家、アレクサンドル・ボロディンの「交響曲第2番」を中心に据えたプログラムとなっております。
まず、ベートーヴェンらしい力強く劇的で緊迫感にあふれる曲調の序曲「コリオラン」から演奏会が始まります。

続くビゼー作曲の劇音楽「アルルの女」第1組曲では、戯曲の悲劇的な展開を思わせるように時に鮮烈に、時に哀愁に満ちた、色彩豊かな演奏をお届けします。

メインには、アレクサンドル・ボロディンが7年の歳月をかけ完成させた、「交響曲第2番」を情熱的な演奏でお届けします。

当日無料・自由席となっております。ぜひお誘い合わせの上、足をお運びください。
団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
武蔵大学管弦楽団の演奏会一覧
武蔵大学管弦楽団全演奏曲リスト
武蔵大学管弦楽団のホームページ
武蔵大学管弦楽団のツイッターアカウント
ベートーヴェンの序曲「コリオラン」のCDを検索
ビゼーの「アルルの女」組曲のCDを検索
ボロディンの交響曲第2番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus