Orchestra Ann 第1回記念演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年2月13日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
ウェスタ川越大ホール

曲目:
ベートーヴェン
 交響曲第1番ハ長調作品21
ブラームス
 交響曲第1番ハ短調作品68

指揮:
   田中一嘉

チケット: 指定席券販売
     普通席 0円
     ゆったり席 無料
チケット販売:
電子チケット販売・管理サービス『teket(テケト)』よりお求めください。
https://teket.jp/2464/9327
※本公演では感染症対策の観点から電子チケットのみのご用意となっております。
Orchestra Ann(オーケストラ・アン)はコロナ禍で失われた演奏機会を取り戻すべく、一橋大学管弦楽団出身者によって2021年に結成されました。

初公演となる本演奏会では、ベートーヴェン&ブラームスの「交響曲第1番」を披露します。特にブラームスは2020年春に一橋大学管弦楽団(指揮:田中一嘉)が開催を断念した公演の曲目でもあり、当団の幕開けを象徴する「交響曲第1番」プログラムです。


指揮:田中一嘉
東京生まれ。桐朋学園大学音楽学部卒業。指揮を故斎藤秀雄、小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明の各氏に師事。コントラバスを江口朝彦、堤俊作の両氏に師事する。 在学中より同大オーケストラ定期演奏会、オペラ公演等を指揮し、故斎藤秀雄、森正、秋山和慶の各氏、及び、ブローダス・アール氏、河野俊達氏、フランコ・フェラーラ氏らの指導を受ける。 学外では、藤原歌劇団、東京アカデミー合唱団指揮者として、数多くのオペラ、宗教音楽分野での実績を積む。
1976年、大学在学中に、第4回民音指揮者コンクール(現、東京国際音楽コンクール<指揮>)入選。奨励賞受賞。卒業後、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮者、群馬交響楽団指揮者を歴任。これまでに東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、九州交響楽団、千葉交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等、日本の主要オーケストラを指揮する。1992年には、ヤナーチェク春の国際音楽祭(チェコ・オストラヴァ)にてヨーロッパデビュー。1995年には、カルロビ・ヴァリ交響楽団を指揮。2000年、ドイツ・ロットヴァイル夏の音楽祭、2001年、ベルリン日本週間での公演、2003年、ウィーン・ムジークフェラインザールでの日墺合同第九演奏会等を指揮。
教育方面では作陽音楽大学(現、くらしき作陽大学)、昭和音楽大学・大学院の非常勤講師として長年、後進の指導に力を注ぐ。また、日本各地のジュニアオーケストラの指導、指揮など、その活動は多岐に及んでいる。(公・財)千葉交響楽団の特別支援学校への移動音楽教室の指揮、また、30年以上にわたり全国聾学校合奏コンクール(公益財団聴覚障害者教育福祉協会主催)の審査委員を務めるなど福祉教育にも積極的に取り組んでいる。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
Orchestra Annの演奏会一覧
Orchestra Ann全演奏曲リスト
Orchestra Annのホームページ
Orchestra Annのツイッターアカウント
ベートーヴェンの交響曲第1番のCDを検索
ブラームスの交響曲第1番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus