大阪ハーモニーブラス Summer Concert 2022


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年6月11日(土)
会場:
豊中市立ローズ文化ホール

曲目:
Philip Sparke
 Jubilee Overture
Philip Sparke
 Cantilena
Philip Sparke
 Diamond Concerto
Thomas James Powell:
 Castell Caerffili
Ralph Vaughan Wlliams/Roy Douglas:
 Henry the Fifth
Traditional/Gordon Langford:
 The Lark in the Clear Air
Eric Ball:
 Tone Poem 'RESURGAM'

指揮:
   孝橋 人誌

大阪ハーモニーブラス(Osaka Harmony Brass:OHB)は、2000年に設立された、アマチュアの英国式ブラスバンドだ。
今回は『Master Pieces』をテーマとし選曲をしている。
1部はブラスバンドの名曲を数多く生み出しているPhilip Sparke氏の作品を集めており、吹奏楽でも人気のある『Jubilee Overture』、ゲストソロプレイヤーにユーフォニアム奏者の貝塚 理江 氏を迎え、『Diamond Concerto』を演奏する。
『Diamond Concerto』は3楽章からの構成となっており、各楽章のタイトルには世界的に有名なダイヤモンドの名称がつけられている。幻想的は始まり、軽快なメロディーやソロののカデンツァが魅力的な1楽章。美しく抒情的な2楽章。ジャズワルツの形式がとり入れられているパワフルな3楽章と、異なる印象で書かれた魅力的な作品だ。
2部のメインにはブラスバンドの歴史を語るうえで無くてはならないイギリスの作曲家、Eric Ball氏のTone Poem  RESURGAM (交響詩「復活」)。1950年にキリストの復活を題材に作曲されたが、現在も世界中で演奏されている傑作と言えるでしょう。
ブラスバンドファンだけでなく、多くの方に聴いてほしいプログラムとなっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
大阪ハーモニーブラスの演奏会一覧
大阪ハーモニーブラス全演奏曲リスト
大阪ハーモニーブラスのホームページ
フィリップ・スパークのジュビリー序曲のCDを検索
フィリップ・スパークのカンティレーナのCDを検索
フィリップ・スパークのユーフォニアム協奏曲第3番「ダイアモンド・コンチェルト」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus