NPO法人湘南クラシックアーティストパラダイス 寺根佳那エレガンスコンサート


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年12月27日(月) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
逗子文化プラザ さざなみホール

曲目:
リスト
 ロマンスS.169R66a ほか
ラフマニノフ
 幻想的小品集エレジーOp.3-1 ほか
ショパン
 子守唄Op.57 ほか
映画音楽:
 「ある愛の歌」「ティファニーで朝食を」ほか


チケット: 自由席
     一般 3000円
     ペアチケット 5000円
     プラチナ(70歳以上) 2000円
チケット販売:
逗子文化プラザ受付 046-870-6622
島森書店(鎌倉) 0467-22-0266
カメラのさくらや(鎌倉) 0467-22-1877

チケット購入サイト(クレア・ムジーク) https://creamusique.buyshop.jp/
ミス・インターナショナル・ファイナリストから本格派ピアニストへ
美しきピアニストが奏でる優雅な時・・・

<Program>ナビゲーター:澤田エリザ
リスト
ロマンスS.169 R66a
アヴェ・マリア(レーベルトとシュタルクの大ピアノ学校のために)S182/R67
愛の夢第3番

ラフマニノフ
幻想的小品集エレジーOp.3-1
前奏曲《鏡》Op.3-2

ショパン
子守唄Op.57
舟歌Op.60

映画音楽
「ある愛の歌」
「ティファニーで朝食を」
「タイタニック」
「ひまわり」


ピアニスト 寺根佳那

札幌生まれ、兵庫県出身。東京音楽大学大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。ベルーナ人材育成奨学金第一回奨学生に選抜され、渡露。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を最優秀で修了、エレーナ・リヒテル氏に師事。ガブリエル・タッキーノ氏に招致され、チェルボ国際音楽祭(イタリア)にて、大トリで演奏。
ロシア、ハンガリー、イタリアなど国内外各地で演奏会ソロ出演・リサイタルを多数開催し、好評を博す。

2020年5月27日、オクタヴィア・レコード(TRITONレーベル)より、デビューCD「MISSA」をリリース。SONY中国ハイレゾ公式サイトで推薦盤に選出。また、トップバナーにも掲載される。
レコード芸術(2020年6月号)「New Disc Collection」に選出され、「ロシアン・ピアニズムが堪能できる寺根佳那のデビュー盤」と評された。
レコード芸術(2020年7月号)で準特選盤に選出され、「この作曲家一流のデリケートな抒情世界を終始見事に展開しており、出色。格別に注視したい新星である。」、「一聴してロシアのピアニズムと分かる見事な演奏である。」と評された。
音楽現代(2020年8月号)で注目盤に選出され、「聴いているうちにその説得力には圧倒される」と評された。

ヤマハヤングピアニストコンサート第1回~第3回 金賞。神戸朝日ホールに於いて、推薦演奏会出演。ヤマハPTCコンサート金賞。故片岡みどり氏の推薦を受け、大阪ザ・シンフォニーホールに於いて、推薦演奏会出演。埼玉県芸術文化祭2010 第3回熊谷ひばりピアノコンクール金賞。東京国際芸術協会第44回新人演奏会/審査員特別賞(ピアノ部門最高位)。第20回長江杯国際音楽コンクール、第23回万里の長城杯国際音楽コンクール他、多数入賞。
2018年 埼玉県知事より埼玉親善大使を委嘱される。

大学院在学中にミス・インターナショナル&ミス・ワールド2012ファイナリストに選出。日仏友好160周年記念「ジャポニスム2018」メイクアップショー出演(仏・パリ、ル・マン公演)、ミセスブランドファッションショー、CM、QVC等、モデルとしても活動。
女性演奏家グループ「リュミエール」メンバー。北斎プロジェクト協会/SDGsに沿ったジェンダー平等や社会貢献を軸にしたBeauty Life Up Project 「美と知性」アンバサダー 。

全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)演奏会員。日本演奏連盟正会員。

お問い合わせ先:
<電話>0467-24-5695
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会この団体の次の演奏会→
NPO法人湘南クラシックアーティストパラダイスの演奏会一覧
NPO法人湘南クラシックアーティストパラダイス全演奏曲リスト
NPO法人湘南クラシックアーティストパラダイスのホームページ
リストのロマンス S.169のCDを検索
ラフマニノフの幻想的小品集のCDを検索
ショパンの子守歌 Op.57のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus