原 由莉子 ウィーン世紀末 シリーズ Vol.6 ブルックナーの遺したもの 〜 オール ブルックナー ピアノリサイタル 〜


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2023年2月23日(木) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
オーキッド ミュージック サロン

曲目:
ブルックナー
 秋の夕べの静かな想い WAB. 123
ブルックナー
 ピアノソナタ ト短調
ブルックナー
 交響曲第7番 ホ長調 より 第一楽章

   ピアノ: 原 由莉子

チケット: 自由席
     前売・当日共 3000円
チケット販売:
[パスマーケット]
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/027sjbefsvr21.html

[メール予約]

①氏名 ②電話 ③東京公演 or 大阪公演 ④枚数をご記入下さい。
ブルックナーしか弾きません。

「ブルックナーのピアノソロ曲なんてあるの?」ーそれがなんとあるんです!
といっても現存するのは小規模な作品が数曲のみ。一般的なピアニストのコンサートレパートリーとして演奏されることはまずありません。
しかし、それらの作品は主に交響曲00番、1番、0番の初稿と時を同じくして書かれています。当時のブルックナーの音楽語法を最もシンプルに、かつダイレクトに感じることができるのはピアノ独奏という演奏形態ならでは。古典派の影響が色濃いピアノソナタの他、のちに紡ぎ出される大宇宙のエレメントも垣間見られる、ロマンティックな小品群をお届けします。
そしてメインは、ピアノソロ編曲版でお聴きいただく交響曲第7番。まず東京公演では、前回のオールブルックナーリサイタルでご好評いただいた第一楽章(ブルックナーの弟子・ヒュナイスによる編曲)を再演します。続く大阪公演で演奏する第二楽章は、なんとブルックナー自身がピアノソロ用に編曲したもの。自分の交響曲をアレンジしたのはこの曲のみということから、彼がどれだけ特別な想いを込めた作品だったかということが窺い知れます。
壮大なオーケストラサウンドからはなかなか聴こえることのない、微妙なハーモニーの移ろいやリズムがクリアに浮かび上がる、ピアノ一台で奏でる新感覚のブル7。これまでの常識を覆すような発見があること間違いありません。
ピアニストがお届けするブルックナーの魅力を、存分に味わいにいらしてください!

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
原 由莉子ウィーン世紀末シリーズ実行委員会の演奏会一覧
原 由莉子ウィーン世紀末シリーズ実行委員会全演奏曲リスト
原 由莉子ウィーン世紀末シリーズ実行委員会のホームページ
原 由莉子ウィーン世紀末シリーズ実行委員会のツイッターアカウント
ブルックナーの秋の夕べの静かな想いのCDを検索
ブルックナーのピアノ・ソナタト短調のCDを検索
ブルックナーの交響曲第7番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus