アルバン・ベルク

アルバン・マリア・ヨハネス・ベルク(Alban Maria Johannes Berg, 1885年2月9日 - 1935年12月24日)はアルノルト・シェーンベルクに師事し、アントン・ヴェーベルンと共に、無調音楽を経て十二音技法による作品を残したオーストリアの作曲家。十二音技法の中に調性を織り込んだ作風で知られる。
●アルバン・ベルクの曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが7件登録されています)

●登録されているアルバン・ベルクの作品一覧(3件登録)
●アルバン・ベルクのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. ヴァイオリン協奏曲:5回
2. ピアノ・ソナタ:1回
2. 歌劇「ルル」:1回
アルバン・ベルク率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. やたたフィルハーモニー管弦楽団:6.2%のアルバン・ベルク率
2. ジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ:3.4%のアルバン・ベルク率
3. チェンバー・フィルハーモニック東京:1.6%のアルバン・ベルク率
4. Orchestra Ensemble Free:1.2%のアルバン・ベルク率
ネット上のアルバン・ベルク関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus