ブルッフ

マックス・クリスティアン・フリードリヒ・ブルッフ(Max Christian Friedrich Bruch, 1838年1月6日 - 1920年10月2日)はケルンに生まれベルリンで没したドイツの作曲家。ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調が、ロマン派の協奏曲として特に有名でよく演奏される。
●ブルッフの曲を演奏する演奏会
(今後のが1件、過去のが231件登録されています)

●登録されているブルッフの作品一覧(11件登録)
●ブルッフのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. ヴァイオリン協奏曲第1番:172回
2. スコットランド幻想曲:20回
3. コル・ニドライ:11回
4. クラリネットとヴィオラのための二重協奏曲:8回
5. 交響曲第3番:7回
5. ヴィオラと管弦楽のためのロマンス:7回
ブルッフ率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. NOKフィルハーモニー管弦楽団:33.3%のブルッフ率
2. 京都シティフィルハーモニー交響楽団:20%のブルッフ率
3. 岐阜県交響楽団:16.6%のブルッフ率
4. 泉管弦楽団:12.5%のブルッフ率
4. 湘南ユースオーケストラ:12.5%のブルッフ率
ネット上のブルッフ関連情報(自動収集)
宮田大が語る最新リサイタル・ツアー&アルバム「旅をするように ... (2020-11-20 22:00:00)
明日を担う音楽家たち~4人の気鋭が海外での経験を昇華させる ... (2020-11-18 09:30:00)
comments powered by Disqus