グラズノフ

アレクサーンドル・コンスタンティーノヴィチ・グラズノーフ(Алекса́ндр Константи́нович Глазуно́в ; Aleksandr Konstantinovich Glazunov, 1865年8月10日 - 1936年3月21日)はロシア帝国末期およびソビエト連邦建国期の作曲家・音楽教師・指揮者。グラズノフは、ロシア楽壇における民族主義(ペテルブルク楽派)と国際主義(モスクワ楽派)を巧みに融和させた点において重要である。しかし、時として形式主義が霊感を翳めそうになったり、折衷主義が独創性の痕跡を作品中からすっかり拭い去りそうになったりするという弱点も見られる。
●グラズノフの曲を演奏する演奏会
(今後のが4件、過去のが153件登録されています)

●登録されているグラズノフの作品一覧(27件登録)
●グラズノフのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響曲第5番:22回
2. 祝典序曲:17回
3. バレエ音楽「四季」:16回
4. バレエ音楽「ライモンダ」:13回
4. 交響詩「ステンカ・ラージン」:13回
5. ヴァイオリン協奏曲:12回
グラズノフ率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. オーケストラ・タセット:20%のグラズノフ率
2. アプリコシンフォニーオーケストラ:16.6%のグラズノフ率
3. :14.2%のグラズノフ率
4. ラスベート交響楽団:11.6%のグラズノフ率
ネット上のグラズノフ関連情報(自動収集)
VOLVO VOLVO エスペリア DOWNSUS V50 07/9~10/7 スーパーダウンサス(リア ... (2019-11-16 11:35:00)
comments powered by Disqus