グルック

クリストフ・ヴィリバルト・グルック(Christoph Willibald (von) Gluck, 1714年7 月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。バレエ音楽や器楽曲も手懸けたが、現在では歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」、特に作中の間奏曲「精霊たちの踊り」によってとりわけ有名。オペラの改革者として歴史に名を残す。

●グルックの曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが106件登録されています)

●登録されているグルックの作品一覧(6件登録)
●グルックのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 歌劇「オーリドのイフィジェニー」:87回
2. 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」:6回
2. 舞踏組曲第1番:6回
3. 歌劇「アルチェステ」:5回
4. フルート協奏曲:1回
4. バレエ音楽「ドン・ファン」:1回
グルック率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. Nishi Graduate Orchestra:12.5%のグルック率
2. 岩手大学管弦楽団:6.6%のグルック率
3. 聖光学院管弦楽団:2.7%のグルック率
4. 愛知学院大学管弦楽団:2.2%のグルック率
ネット上のグルック関連情報(自動収集)
バンクシー作品がNFTとなってオークションに出品? “本人には無 ... (2021-7-13 14:46:00)
comments powered by Disqus