ヒンデミット

パウル・ヒンデミット (Paul Hindemith, 1895年11月16日 - 1963年12月28日)は、ドイツ・ハーナウ出身の作曲家、指揮者、ヴィオラ奏者。その他にもヴァイオリン、クラリネット、ピアノなど様々な楽器を弾きこなす多才な演奏家であった。第一次世界大戦後、ロマン派からの脱却を目指し、新即物主義を推進。20世紀ドイツを代表する作曲家として同時代の音楽家に強い影響を与えた。初期の作風は後期ロマン主義や表現主義の影響が濃厚であったが、1920年代より新即物主義、新古典主義へ移行した。
●ヒンデミットの曲を演奏する演奏会
(今後のが2件、過去のが162件登録されています)

●登録されているヒンデミットの作品一覧(23件登録)
●ヒンデミットのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. ウェーバーの主題による交響的変容:58回
2. 交響曲「画家マチス」:46回
3. 気高き幻想:17回
4. 弦楽と金管のための協奏音楽(演奏会用音楽):7回
5. 5つの管楽器のための「小室内楽曲」:6回
6. ヴィオラと弦楽合奏のための葬送音楽:5回
ヒンデミット率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 広島大学交響楽団:16.6%のヒンデミット率
2. サーガラ木管五重奏団:12.5%のヒンデミット率
3. 東邦大学管弦楽団:11.1%のヒンデミット率
4. オーケストラ・ポミエ:6.2%のヒンデミット率
ネット上のヒンデミット関連情報(自動収集)
ショスタコーヴィチ: 交響曲第10番 (2019-8-11 20:10:00)
CPO レーベル~2019年9月発売新譜情報(6タイトル) (2019-8-9 08:30:00)
comments powered by Disqus