ヨハン・シュトラウス1世

ヨハン・シュトラウス1世(Johann Straus I(Vater)、1804年3月14日 - 1849年9月25日)はオーストリアのウィーンで活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニストである。ウィンナ・ワルツの基礎を築いたため、「ワルツの父」とも呼ばれる。
●ヨハン・シュトラウス1世の曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが25件登録されています)

●登録されているヨハン・シュトラウス1世の作品一覧(2件登録)
●ヨハン・シュトラウス1世のCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. ラデツキー行進曲:25回
2. ワルツ「ウィーン情緒」:0回
ヨハン・シュトラウス1世率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 粒谷区立管弦楽団サジタリウス:20%のヨハン・シュトラウス1世率
2. 長崎県立大学ギターマンドリン部:11.1%のヨハン・シュトラウス1世率
3. NPO八王子楽友協会:10%のヨハン・シュトラウス1世率
4. ヒロシマ・ピース・オーケストラ:8.3%のヨハン・シュトラウス1世率
ネット上のヨハン・シュトラウス1世関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus