リヒャルト・シュトラウス

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss, 1864年6月11日 - 1949年9月8日)はドイツの後期ロマン派を代表する作曲家である。交響詩とオペラの作曲で知られ、また、指揮者としても活躍した。

●リヒャルト・シュトラウスの曲を演奏する演奏会
(今後のが6件、過去のが535件登録されています)

●登録されているリヒャルト・シュトラウスの作品一覧(42件登録)
●リヒャルト・シュトラウスのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響詩「ドン・ファン」:89回
2. ホルン協奏曲第1番:75回
3. 交響詩「死と変容」:45回
4. 13管楽器のためのセレナード:42回
5. 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」:40回
6. 「薔薇の騎士」組曲:38回
リヒャルト・シュトラウス率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. グランパルティータ・プロジェクト:28.5%のリヒャルト・シュトラウス率
2. 国文祭京都・記念オーケストラ:20%のリヒャルト・シュトラウス率
3. くにたち室内管弦楽団:14.2%のリヒャルト・シュトラウス率
4. 北日本医科学生オーケストラ:13.3%のリヒャルト・シュトラウス率
ネット上のリヒャルト・シュトラウス関連情報(自動収集)
カラヤン ツァラトゥストラ ドンファン 英雄の生... (2019-6-20 07:25:06)
オペラ鑑賞会「サロメ」 (2019-6-19 16:17:22)
産経新聞社のプレスリリース (2019-6-20 03:13:00)
(評・音楽)デュトワ&大阪フィル「サロメ」 不協和音すら ... (2019-6-14 10:23:00)
巨匠指揮者ベルナルト・ハイティンクが引退を表明 (2019-6-13 12:16:00)
さあ最難関の独奏へ、自分を鼓舞する「もう一人の自分」が見せた ... (2019-6-13 08:00:00)
「交響曲」の意義を受け継ぎ壮大な世界をつくりだす マーラーの第 ... (2019-6-7 11:32:00)
comments powered by Disqus