リヒャルト・シュトラウス

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss, 1864年6月11日 - 1949年9月8日)はドイツの後期ロマン派を代表する作曲家である。交響詩とオペラの作曲で知られ、また、指揮者としても活躍した。

●リヒャルト・シュトラウスの曲を演奏する演奏会
(今後のが4件、過去のが497件登録されています)

●登録されているリヒャルト・シュトラウスの作品一覧(39件登録)
●リヒャルト・シュトラウスのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響詩「ドン・ファン」:85回
2. ホルン協奏曲第1番:73回
3. 交響詩「死と変容」:44回
4. 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」:37回
5. 13管楽器のためのセレナード:36回
6. 「薔薇の騎士」組曲:35回
リヒャルト・シュトラウス率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. グランパルティータ・プロジェクト:28.5%のリヒャルト・シュトラウス率
2. 国文祭京都・記念オーケストラ:20%のリヒャルト・シュトラウス率
3. 北日本医科学生オーケストラ:16.6%のリヒャルト・シュトラウス率
3. 八戸市民フィルハーモニー交響楽団:16.6%のリヒャルト・シュトラウス率
ネット上のリヒャルト・シュトラウス関連情報(自動収集)
シュトラウスリヒャルト(1864-1949) (2018-7-16 01:08:59)
comments powered by Disqus