ヴェーベルン

アントン・(フォン・)ヴェーベルン(Anton (von) Webern, 1883年12月3日 - 1945年9月15日)は、オーストリアの作曲家、指揮者、音楽学者。ウェーベルンとも書かれる。新ウィーン楽派の中核メンバーであり、なおかつ20世紀前半の作曲家として最も前衛的な作風を展開した。
●ヴェーベルンの曲を演奏する演奏会
(今後のが2件、過去のが25件登録されています)

●登録されているヴェーベルンの作品一覧(7件登録)
●ヴェーベルンのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 弦楽四重奏のための「緩徐楽章(ラングザマーザッツ)」:7回
1. パッサカリア:7回
1. 夏の風の中で:7回
2. J.S.バッハの「6声のリチェルカータ」に基づく:2回
2. 管弦楽のための6つの小品:2回
3. 4つの小品Op.7:1回
3. 弦楽四重奏のための5つの楽章:1回
ヴェーベルン率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 不知火:14.2%のヴェーベルン率
2. 名古屋市民管弦楽団:12.5%のヴェーベルン率
3. クランクレーデ:10%のヴェーベルン率
4. 麻生フィルハーモニー管弦楽団:4%のヴェーベルン率
ネット上のヴェーベルン関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus