フィルハーモニア・ブルレスケ 第18回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年7月16日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
杉並公会堂 大ホール

曲目:
リスト
 交響詩「前奏曲(レ・プレリュード)」
ワーグナー
 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
ブルックナー
 交響曲第4番「ロマンティック」

指揮:
   東 貴樹

チケット: 指定席券販売
     全席指定(当日券あり) 1000円
チケット販売:
電子チケット
https://teket.jp/1645/11162
◆フィルハーモニア・ブルレスケ(演奏)
フィルハーモニア・ブルレスケは、早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団のOB・OGが中心となり2004年に結成されたオーケストラです。
ブルレスケ(ドイツ語:Burleske)とは、クラシック音楽の楽種の一つで辛辣さとユーモアを兼ね備えた楽曲を指します。本質を捉えつつも、ユーモアたっぷりの独自の「色」と「歌」を追求したいという意図から名付けられました。
オーケストラという音楽装置の多彩な色彩感と、音楽への愛に溢れた熱い表現意欲を持った演奏をすべく、フランスにて研鑽を積まれた東貴樹先生の下、年に1度の公演を行っております。
また近年はその趣旨に賛同するアマチュア演奏家も多数参加し、OB・OGオーケストラの枠を超えた展開を迎えつつあります。

◆みどころ
ブルレスケ第18回定期演奏会では、「愛と死」をテーマとし、19世紀後期ロマン派の名曲を取り上げます!

「前奏曲(レ・プレリュード)」は、「人生は死への前奏曲」というリストの人生観を具現化した交響詩です。標題と密接に結びついた変奏の中で一貫して愛のテーマが綴られていきます。
ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」は、まさに今回のテーマを体現するオペラで、官能的なうねりによる愛の憧れを、管弦楽形式で表現します。
後半は、ワーグナーに心酔したブルックナーによる交響曲第4番「ロマンティック」をお届けします。「ロマンティック」という作曲者自身由来の副題は、甘い恋愛物語ではなく、暗く耽美的な霧の森で繰り広げられる中世騎士と王女の物語...といった趣きを持ちます。叙情美に溢れたこの曲、第2稿ハース版に当団独自の解釈を加えたかたちで演奏します。

当演奏会を通じて、お客様・演奏者共に多くの方に充実した時間を過ごしていただければ大変嬉しく思います。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
フィルハーモニア・ブルレスケの演奏会一覧
フィルハーモニア・ブルレスケ全演奏曲リスト
フィルハーモニア・ブルレスケのホームページ
リストの交響詩第3番「レ・プレリュード(前奏曲)」のCDを検索
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のCDを検索
ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus