【台風により中止】千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラ 第25回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年10月13日(日)
会場:
白井市文化会館大ホール(なし坊ホール) ※北総線白井駅より徒歩10分、駐車場あり(千葉県白井市 )

曲目:
ベートーヴェン
 序曲「コリオラン」作品62
ベートーヴェン
 ピアノ協奏曲第5番「皇帝」変ホ長調作品73
  ピアノ: アキラ ヤマガタ
メンデルスゾーン
 交響曲第3番「スコットランド」イ短調作品56

指揮:
   高橋 勇太

千葉ニュータウン・フィルハーモニー・オーケストラは、2003年に第1回の定期演奏会を開催しています。白井市文化会館を拠点に2年に3回というペースで回を重ね、今回が25回目の定期演奏会。多くの指導者や皆さまのご支援に支えられ、今後更なる成長が期待されます。

今回のプログラムの1曲目はベートーヴェンの序曲「コリオラン」。彼が36歳の時に作曲された名曲ですが、30歳になる頃には既に難聴に悩まされていたことが知られています。しかしながら、30代の半ばから後半は絶頂期とも言われ、交響曲の第3番「英雄」、5番「運命」、6番「田園」などが作曲されています。

2曲目のプログラムとなるピアノ協奏曲第5番もこの頃の作品で、彼が38歳の時に完成。ただ難聴は進行していたようで、第4番までの初演時にはベートーヴェン自身が務めていたソリストとしての役割からは退くことに。ピアノ協奏曲として最後の作曲となり、「皇帝」という副題が定着していることからも人気の高さが伺えます。当団では第14回の演奏会から7年ぶりとなる協奏曲で、国内外で活躍するピアニストのアキラ・ヤマガタ氏をお迎えし、この名曲に臨みます。

3曲目はメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」。メンデルスゾーンは5つの交響曲を残しています。しかし資料によれば、完成したのは作曲に12年を要した第3番が最後。先に完成していた作品の出版が遅れ、第4番、第5番とされたそうです。第3番は第4番「イタリア」と並び、CDでカップリングされることも多い人気曲。先に完成した第4番の方は2007年の定期演奏会で採り上げており、今回は当団の12年の成長を経て第3番をメインプログラムといたしました。ぜひ、皆さまのご来場をお待ちしております。

■未就学児童の入場可能
多くのお客様が会場内で気持ちよくお過ごしいただくためにも、なるべく出入り口近くにご着席いただき、お子様が我慢できずに声を上げてしまった際には一旦席をお外し下さいますよう、お願い申し上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラの演奏会一覧
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラ全演奏曲リスト
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラのホームページ
ベートーヴェンの序曲「コリオラン」のCDを検索
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」のCDを検索
メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus