千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラ 第31回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年12月11日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
白井市文化会館 なし坊ホール(大ホール) ※北総線 白井駅から徒歩10分

曲目:
ウェーバー
 歌劇「オイリアンテ」序曲
シューマン
 序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52
シベリウス
 交響曲第2番 ニ長調 作品43

指揮:
   佐伯 正則

チケット: 自由席
     全席自由(前売/当日) 900円
     小中学生 無料円
チケット販売:
■当日券
 演奏会場にて、12:00より販売開始予定。

■前売券
 「teketサイト」にて購入可能。
  https://teket.jp/4608/15904

【ご来場の皆様へ】
当団の設立は2002年、印西市・白井市・船橋市にまたがる千葉ニュータウンを中心に、様々な年齢・職業から成るメンバーで構成されるオーケストラです。第1回の定期演奏会を2003年1月26日に開催し、今回の第31回定期演奏会で約20年となります。

今回の演奏会は、「白井市文化会館新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン」に基づき、運営を行います。詳細は当団サイトでご確認ください。新型コロナは2020年1月、中国武漢市に滞在中に感染したと考えられる方が第1号として国内で確定診断されています。その後、変異を繰り返し、ワクチン接種等の対策を講じながら来年には3年目となる状況。しかし、ガイドラインに沿った対策で感染防止が可能ですので、皆様にはご協力をお願いいたします。

当日のメインプログラムはシベリウス作曲の交響曲第2番。作曲されたのは20世紀が始まった1901年、フィンランドはロシアの圧政下にありました。その後、1917年「フィンランド独立宣言」を採択し、ロシアからの独立を宣言。交響曲第2番はシベリウスが南欧のイタリアを訪問した頃の作曲と言われ、その旋律やスケール感は南欧の穏やかな生活を感じさせます。「自由な国家」への希望は、作曲された頃からフィンランドの人々の心の中にあったのかもしれません。

他の2曲、ウェーバー作曲の歌劇「オイリアンテ」序曲、シューマン作曲の序曲「スケルツォとフィナーレ」、いずれも当団では初めて演奏する曲目です。各地のオーケストラでもご活躍の佐伯正則先生を指揮者としてお迎えし、皆様のご来場を心待ちにしております。

■未就学児入場可能
多くのお客様が会場内で気持ちよくお過ごしいただくためにも、なるべく出入り口近くにご着席いただき、お子様が我慢できずに声を上げてしまった際には、一旦席をお外し下さいますよう、お願い申し上げます。
招待券入手方法: 「アマービレ」をご覧の皆さまをご招待します。

■募集人数
 10組/20名様

■応募締め切り
 2022/12/09 必着

■応募方法
 以下の「お問い合わせ先」へメールにて、応募ください。
 ①タイトル
  「アマービレ 千葉ニュータウンフィル 演奏会チケット応募」と記載。
 ②本文
  代表者氏名と希望枚数(上限2枚)を記載。
 ③締切
  先着順にて10組/20名に達した時点で締め切ります。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラの演奏会一覧
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラ全演奏曲リスト
千葉ニュータウン フィルハーモニー オーケストラのホームページ
ウェーバーの歌劇「オイリアンテ」序曲のCDを検索
シューマンの序曲、スケルツォと終曲のCDを検索
シベリウスの交響曲第2番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus