千葉フィルハーモニー管弦楽団 第63回演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年1月12日(土)
会場:
習志野文化ホール

曲目:
チャイコフスキー
 大序曲「1812年」
ショスタコーヴィチ
 交響曲第7番「レニングラード」

指揮:
   金子建志

今でこそクラシック音楽に占めるロシア音楽の存在感は大きなものがあるが、実はロシアのクラシック音楽が本格的に始まったのはちょうど19世紀に入った頃からで、その歴史はそんなに長いものではない。しかし、独特の才能達が現れロシア音楽の豊かな土壌を育み、そして遂に西欧の大作曲家に引けを取らない天才が現れ、ロシア音楽の「西欧に追いつき追い越せ」の時代は終わりを告げる。その天才がチャイコフスキー。《1812年》はナポレオンのロシア遠征とフランス軍の敗北とロシアの勝利を華やかに描いたチャイコフスキーの作品の中でも最も有名な作品の一つ。そして20世紀になって現れた天才、ショスタコーヴィチ。《レニングラード》交響曲は第二次世界大戦時、ドイツ軍に包囲されたショスタコーヴィチの故郷、レニングラードの街に捧げられた。砲弾が降り注ぐ街に鳴り響く交響曲。豊穣な文化と芸術を持つロシア。ロシアの人々は、故郷を愛し、そして音楽を愛した。たとえ命の危機が迫る戦場であっても。ロシアにとって音楽とは、そして芸術とは。

おなじみ金子建志と千葉フィルが今回はロシア音楽に挑む。両曲とも戦争にまつわる曲であるが、無論それだけに留まるものではない。その音楽の奥深くに秘められたものは…。

2019年1月、習志野にロシアの魂が鳴り響く。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
千葉フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
千葉フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
千葉フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
チャイコフスキーの序曲「1812年」のCDを検索
ショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus