蓄音機の會 第4回 蓄音機のコンサート クレデンザで聴く「トリスタンとイゾルデ」


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年8月31日(土)
会場:
ライティングハウスTOKYO南アルプスサロン

曲目:
ワーグナー
 楽劇《トリスタンとイゾルデ》第1幕への前奏曲
ワーグナー
 楽劇《トリスタンとイゾルデ》第2幕
ワーグナー
 楽劇《トリスタンとイゾルデ》より愛の死


いつもの大型蓄音機HV194ではなく、今回はサロン備え付けの米国ビクター社のクレデンザを利用して、78回転レコードを掛けます。この「クレデンザ」は1925年に発売された当時、随一の最高級機でした。折り畳まれた木製のホーンは全長180cmにもなり、函にはオーク材が使われCDやデジタルにはない豊かな響きを奏でます。とても希少価値の高いこの蓄音機は、ゼンマイ仕掛けですから携帯のように充電の必要もなく、勿論、コンセントも必要としません。レコード盤を針が削るため、同じ音は二度としません。一期一会の音楽をお楽しみください。

今回は初めてバイロイトで全曲録音されたワーグナーの楽劇《トリスタンとイゾルデ》から第2幕を中心に、欧州人なら誰でも知るトリスタンとイゾルデの愛の場面に耳を傾けたいと存じます。戦前にプレスされたオリヂナルSPレコード(78回転盤)を大型蓄音機クレデンザで鳴らします。是非、この機会に本物のアク―スティックな響きに身を委ねてみませんか。

指揮:ストコフスキー、エルメンドルフ
管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団、バイロイト祝祭管弦楽団
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
蓄音機の會の演奏会一覧
蓄音機の會全演奏曲リスト
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のCDを検索
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のCDを検索
ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus