フランスの色彩 -クープラン生誕350年に寄せて-


クリックで拡大します

日時: 2018年9月8日(土) 
開演: 14時30分 (開場: 14時)
   
会場:
東京オペラシティ近江楽堂

曲目:
F. クープラン
 『諸国の人々』よりスペイン人
J. M ルクレール
 音楽の気晴らし 第2集 その他


チケット: 自由席
      前売 3500円
      当日 4000円
      学生 2000円
チケット販売:
◆チケット予約


今年はフランスバロックの巨匠フランソワ・クープラン生誕350年。18世紀フランスの貴族達が愛したトラヴェルソ、バロックヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、そしてチェンバロの古楽器で、クープランの曲にもスポットをあて、物悲しく語りかけるフランス古典音楽の世界を再現します。

◆出演者
石橋輝樹  (トラヴェルソ)
野崎真弥  (トラヴェルソ)
鳥生真理絵 (バロック ヴァイオリン)
廣海史帆  (バロック ヴァイオリン)
折原麻美  (ヴィオラ ダ ガンバ)
名超小百合 (チェンバロ)

公演日:2018年9月8日(土)
場所:東京オペラシティ近江楽堂
時間:2回公演(同じプログラムです)
午後2時30分開演 (開場午後2時00分)
午後7時00分開演 (開場午後6時30分)

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
クープランの組曲集「諸国の人々」のCDを検索
ジャン=マリー・ルクレールのやさしい音楽の気晴らし第2集のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus