第3回フレンドシップコンサート 秋の「管楽合奏の調べ」


クリックで拡大します

日時: 2018年9月29日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
山崎製パン総合クリエイションセンター内    飯島藤十郎社主記念LLCホール (京成本線 国府台駅徒歩5分)

曲目:
モーツァルト
 グランパルティータ


チケット: 指定席券販売 入場無料
チケット販売:
入場整理券要(入場無料)
お申し込み: https://goo.gl/forms/AYw4szR2240YyzSL2

お問合せ:

グラン・パルティータ」はその題名のとおり、大組曲。 オーボエ2、クラリネット2、バセット・ホルン2、ホルン4、ファゴット2、コントラバス1、合計13名の大アンサンブルで、7つの楽章を演奏します。

モーツァルトの伝記的な内容を含む映画「アマデウス」の中で,作曲家サリエリがモーツァルトの曲を初めて知る場で使われていたのがこの曲の第3楽章です。
この曲の譜面を見て,その天才性に気付き,愕然とします。
以下のセリフとともに、第3楽章冒頭が流れる印象深いシーンになっています。

ドアの向こうから何か音楽が聞こえてきた。
冒頭部は単純で、ファゴットとバセットホルンが  
間が抜けたような旋律を奏した。
私は笑いそうになったが、
その後に、はるか高みでオーボエの旋律が流れ、  
やわらかなクラリネットの響きが引き継いでいく。  
私は思った。これこそ音楽だ。私がつねに探し求めているもの。  
神だけが与えてくれるもの。
招待券入手方法: 入場整理券要(入場無料)
お申し込み: https://goo.gl/forms/AYw4szR2240YyzSL2

お問合せ:
または、市響ホームページ内よりお申し込みください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
モーツァルトのセレナード第10番「グラン・パルティータ」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus