早川奈穂子フォルテピアノリサイタル 〜プレイエルとショパンの物語vol.2〜 1845年製プレイエル使用


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年6月7日(火) 
開演: 19時 (開場: 18時30分)
   
会場:
兵庫県立芸術文化センター小ホール

曲目:
ショパン
 演奏会用クラコヴィアク op.14 (1台ピアノ版早川奈穂子編)
ショパン
 8つのワルツ op.18, op.34-2,3「猫」, op.42, op.64-1「小犬」,2, op.70-3, 遺作 a moll
ショパン
 ピアノ協奏曲 第2番 op.21 ヘ短調 (1台ピアノ版早川奈穂子編)


チケット: 自由席
     一般 3000円
     学生 2000円
チケット販売:
◇ Harmonie des Fleursチケットオフィス
https://ws.formzu.net/fgen/S50456151/
◇ 芸術文化センターチケットオフィス
https://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=5026110610&sid=0000000001
◇ イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/3588280001
◇ PassMarket
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/028gb61mzk721.html
◇ ミュージック・アート・ステーション 06-6836-7067 

”プレイエルは、音の強弱、色合い、質感が常に変化し
蝋燭の炎のような繊細さと魅力があり、異空間へと誘われる・・・”
Producer  R.P.Dias

1845年製のプレイエルを使用したコンサート。ピアニストの早川奈穂子は現在日常的にプレイエルを弾く環境にあり、モダンピアノとは全く異なる感触と音に毎日触れることにより、新たな発見、価値観の変化に満ちた日々を送っている。ショパンが使用していたものと同型の楽器によるショパンの音楽、当時の音のニュアンス、高低バランス、余韻の違い、ショパンのペダル記譜に従ったプレイエルでの効果・・・。
CDでは聴くことができない空気を通した音、19世紀プレイエルの生の音をご堪能下さい。

お問い合わせ先:
<電話>06-6836-7067
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
この団体の次の演奏会→
Harmonie des Fleursの演奏会一覧
Harmonie des Fleurs全演奏曲リスト
ショパンの演奏会用ロンド「クラコヴィアク」のCDを検索
ショパンのピアノ協奏曲 第2番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus