ハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団 第4回演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年11月27日(日) 
開演: 13時30分 (開場: 13時)
   
会場:
府中の森芸術劇場ウィーンホール

曲目:
ハイドン
 交響曲第44番ホ短調Hob.Ⅰ:44「悲しみ」
シューベルト
 交響曲第4番ハ短調D417「悲劇的」
メンデルスゾーン
 交響曲第4番イ長調「イタリア」Op.90(1834年改訂版)

指揮:
   茂木大輔

チケット: 指定席券販売
     指定 2,000円
チケット販売:
https://teket.jp/512/14584
府中の森芸術劇場チケットセンター(窓口販売のみ)
私たちハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団は、世界最高峰とされるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統の響きを愛してやまないアマチュア奏者たちが2019年に旗揚げした新しいオーケストラです。管・打楽器セクションは、ウィーン・フィルと同様のウィーン・スタイルの楽器―いわゆるウィンナ・ホルン、ウィンナ・オーボエ、ウィーン・アカデミー式クラリネット、山羊革と手回しチューニング式のティンパニ―を使用して、馥郁たるウィーンの響きに迫ります。楽団名に冠した「ハイリゲンシュタット」はウィーンの19区の名前で、ベートーヴェンが田園交響曲に描いた小道や遺書をしたためた家、そしてホイリゲ(地ワイン飲み屋)で有名なところです。ウィーンっ子たちにも愛され続けている土地の息吹を、私たちの音色から感じていただけましたら幸いです。

コロナ禍で思うように運営も進まない時もありましたが、今年なんとか4回目の演奏会を迎えることができそうです。シューベルト交響曲連続演奏も4回目、第4番「悲劇的」に取り組みます。「4」にちなんだプログラムの1曲目は、ハイドンの交響曲第44番「悲しみ」で、「悲しい」コンビネーションとなりますが、後半はメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」で明るく快活に始めます。第2楽章以下は1834年に作曲者自身が改訂した「本望」の版で演奏します。お馴染みの「イタリア」とは随所に違いがあり、演奏機会は多くはありません。お聴き逃しありませんよう!

お問い合わせ先:
<ホームページ>http://www2.tokai.or.jp/s.fuji/hph/index.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
ハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
ハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
ハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
ハイリゲンシュタット・フィルハーモニー管弦楽団のツイッターアカウント
ハイドンの交響曲第44番 「哀悼」のCDを検索
シューベルトの交響曲第4番「悲劇的」のCDを検索
メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus