光が丘管弦楽団 第53回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年6月5日(日) 
開演: 14時30分 (開場: 13時45分)
   
会場:
光が丘IMAホール
ホールの場所をアプリで表示

曲目:
メンデルスゾーン
 序曲「フィンガルの洞窟」
シューベルト
 交響曲第3番
ビゼー
 交響曲

指揮:
   米津 俊広

チケット: 自由席
     全自由席 1000円
チケット販売:
カンフェティ販売ページ
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=65573&
3月31日までのお申込みで、1枚当たり500ポイントのカンフェティポイントプレゼント。
(3月23日発売開始)

パスマーケット販売ページ
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02pnj7bjub821.html

【曲目について】
当団の演奏会では、序曲フィンガルの洞窟」は第1回(1994)と第27回(2007)、ビゼーの交響曲は第4回(1995)と第24回(2005)に演奏して以来久しぶりの3回目の演奏です。


また、シューベルトの交響曲第3番は当団では初演奏となります。近年はアマチュアーオーケストラでも時折演奏されるようです。
非常に明るい曲で楽しい気持ちになります。
米津先生の人柄もあり、非常に楽しく練習を進めています。


【光が丘管弦楽団】
私達は光が丘で1994年から活動している二管編成のオーケストラです。

決して大きな規模ではありませんが、何よりアンサンブルを大切に、お互いの音を聞きあって演奏することを心がけています。

団のロゴに使われている山椒のように小粒でもぴりりとした存在を目指しかつ楽しく演奏することも忘れずに練習しています。

二管編成の曲を基本として、古典、ロマン派の他、プロコフィエフ、ショスタコーヴィッチ、ラベル、ドビュッシーなどの近・現代曲も積極的に取りあげています。また、チャイコフスキーやブラームスの弦楽合奏曲やモーツァルトのコンチェルタントなど多様な楽器編成にも挑戦しています。

お問い合わせ先:
<ホームページ>https://hikakan.sakura.ne.jp/conc/about/contacts
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
光が丘管弦楽団の演奏会一覧
光が丘管弦楽団全演奏曲リスト
光が丘管弦楽団のホームページ
メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟(ヘブリデン)」のCDを検索
シューベルトの交響曲第3番のCDを検索
ビゼーの交響曲第1番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus