霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団 第19回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2018年9月8日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
ティアラこうとう(江東公会堂) 大ホール

曲目:
ワーグナー
 「パルジファル」第1幕への前奏曲
バッハ(ラフ編曲)
 パルティータ第2番ニ短調 BWV1004より『シャコンヌ』
メンデルスゾーン
 交響曲第5番「宗教改革」

指揮:
   高橋 隆元

チケット: 自由席 入場無料
霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団(通称「霞フィル」)は、2004年に発足したオーケストラです。
母体となる団体、大学オケなどはとくになく、さまざまなバックグラウンドを持つ20代から60代までの団員が50名ほどで活動しております。

第19回定期演奏会では、讃美歌ドレスデン・アーメンの動機を用いたワーグナーのパルジファル前奏曲、メンデルスゾーンの交響曲「宗教改革」、そしてその二人がリスペクトしていたバッハのあまりにも有名な「シャコンヌ」の管弦楽編曲版を演奏します。

お問い合わせ先:
<その他>http://kpo.nomaki.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
霞ヶ関フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
ワーグナーの舞台神聖祭典劇「パルジファル」のCDを検索
J.S.バッハのパルティータ第2番のCDを検索
メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus