国分寺フィルハーモニー管弦楽団 第58回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年6月15日(土)
会場:
府中の森芸術劇場どりーむホール

曲目:
モーツァルト
 歌劇《魔笛》序曲
ブラームス
 ハイドンの主題による変奏曲作品56a
シューマン
 交響曲第1番変ロ長調作品34《春》

指揮:
   山元 富雄

 新しい元号「令和」を迎えての初めての演奏会、華やぐ気分にふさわしい3作品を山元富雄先生の誠実真摯な指揮でお送り致します。
 まずは《夜の女王のアリア》でよく知られるモーツァルトの歌劇《魔笛》より、壮麗な3和音の幕開けで始まりオペラ本編への期待を盛り上げる「序曲」をお楽しみください。
 ブラームス作曲の《ハイドンの主題による変奏曲》は、ハイドン作といわれる《聖アントニウスのコラール》を主題として、時には技巧的に、時には情緒たっぷりに、変幻自在な8つの変奏曲が展開致します。
 そしてシューマンの交響曲第1番「春」は、妻クララの父親から壮絶な反対を受けながらもようやく結婚できた、まさに人生の「春」という時期に作曲されました。春を告げるファンファーレから始まり、冬から春に移りゆくように色彩豊かになり春の喜びにあふれてゆきます。明るく、リズミカルで華やかな中にも、シューマンのお茶目でおどけた一面も垣間見ることができる楽しい交響曲です。
 緑に囲まれ青葉も目に鮮やかな府中の森芸術劇場へ、皆さま是非お越しくださいませ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
国分寺フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
国分寺フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
国分寺フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
モーツァルトの歌劇「魔笛」のCDを検索
ブラームスのハイドンの主題による変奏曲のCDを検索
シューマンの交響曲第1番「春」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus