加藤訓子 META XENAKIS


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年11月11日(金)
会場:
サントリーホールブルーローズ

曲目:
ヤニス・クセナキス
 ルボン a. b.
  パーカッション: 加藤訓子
ヤニス・クセナキス
 響・花・間
ヤニス・クセナキス
 プサッファ
  パーカッション: 加藤訓子


「クセナキスと日本」、「クセナキスと舞」、ヤニス・クセナキス 生誕100周年を祝う意欲的なプロジェクト企画を展開してきた加藤訓子が、第三弾として取り組むのは、クセナキス の音楽を純粋に味わっていただきたいとの思いから、サントリーホール・ブルーローズより ソロリサイタル形式で贈る「META XENAKIS」(メタクセナキス )。
クセナキス がパーカッション独奏のために作曲した傑作「ルボン」と「プサッファ」、70\\\'EXPOのために書かれ、鉄鋼館で公演された電子音楽「響・花・間」の再現をお楽しみください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
加藤訓子の演奏会一覧
加藤訓子全演奏曲リスト
加藤訓子のホームページ
クセナキスのルボンa.b.のCDを検索
クセナキスの『響・花・間(ヒビキ・ハナ・マ)』のCDを検索
クセナキスのプサッファのCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus