オーケストラ《エクセルシス》 第11回演奏会 - 2人の作曲家の生誕150年〜ステーンハンマルとアルヴェーン~


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年9月3日(土)
会場:
八王子芸術文化会館いちょうホール 大ホール

曲目:
アルヴェーン
 祝典序曲 Op. 52
ステーンハンマル
 2つのセンチメンタル・ロマンス Op. 28
  ヴァイオリン: 小山啓久
ステーンハンマル
 交響曲第1番

指揮:
   大浦智弘

2021年はヴィルヘルム・ステーンハンマルの生誕150年、そして2022年にはヒューゴ・アルヴェーンが生誕150年と、スウェーデンを代表する2人の作曲家の記念年が続きます。これを記念し、当団の第11回演奏会では彼らの作品を演奏いたします。スウェーデン民謡も取り入れたアルヴェーンの祝典序曲とステーンハンマルの2つの作品、ヴァイオリンと管弦楽のための2つのセンチメンタル・ロマンス、そして交響曲第1番です。交響曲第1番は当団の第1回演奏会でも取り上げておりますが、経験を積み重ねてきた”今のエクセルシス”による演奏をお送りします。
当団で取り上げる回数の多いスウェーデン作品、中でも最も取り上げている作曲家ステーンハンマルは、最近、ブロムシュテットがNHK交響楽団との共演で何度も取り上げています。それだけ日本で紹介したい作曲家ということなのでしょう。実際、その演奏会後に良い評判も聞きますし、当団による演奏会後のアンケートでも「初めて聴いたけれど、とても素敵な作品だった」という声が多く寄せられています。
2つのセンチメンタル・ロマンスは、ピアノ伴奏で演奏される事は多いのですが、なかなかオーケストラ伴奏では演奏されないようです。今回は管弦楽版、ソロは当団トレーナーの小山啓久氏で演奏いたします。 交響曲第1番は、作曲者自身が改訂を希望していた作品。結局は改訂されないままであるものの、ステーンハンマルらしい響きやアイディアが詰まっており、魅力的な作品です。
ぜひホールで、2人のスウェーデン作曲家作品ををお楽しみいただければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
オーケストラ《エクセルシス》の演奏会一覧
オーケストラ《エクセルシス》全演奏曲リスト
オーケストラ《エクセルシス》のホームページ
オーケストラ《エクセルシス》のツイッターアカウント
アルヴェーンの祝典序曲 Op. 52のCDを検索
ステーンハンマルの2つの感傷的なロマンスのCDを検索
ステーンハンマルの交響曲第1番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus