サロン・ドゥ・螺 中之島古樂合奏團第一囘演奏會


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年6月8日(金)
会場:
大阪市中央公会堂小集会室

曲目:
バッハ:
 フルート・ヴァイオリン・チェンバロのための協奏曲
鈴木貴博
 未定(新作「空想古楽」) 世界初演
小川類:
 未定(新作「空想古楽」) 世界初演
バッハ
 ブランデンブルク協奏曲第五番

   バロック・ヴァイオリン: 磯辺陽
   ダルシマー: 小川美香子
   フラウト・トラベルソ: 折井あきつ
   バロック・ヴァイオリン: 上川忠昭
   チェンバロ: 澤朱里
   バロック・チェロ: 中嶋寄恵
   ヴィオラ・ダ・ガンバ: 橋詰シャフィック
   バロック・ヴァイオリン: 横山知彦

プロデューサー: 北夙川不可止
中之島古樂合奏團旗揚げ公演! 歴史にifは禁物ですが、芸術にタブーはありません…。バッハの時代に想いを寄せて、空想古楽登場! 2018年6月8日 19時開演 4000円 予約URL https://t.livepocket.jp/e/07sp7 於:大阪市立中央公会堂小集会室(国指定重要文化財) プログラム ブランデンブルク協奏曲第5番(バッハ) フルート・ヴァイオリン・チェンバロのための協奏曲(バッハ) 小川類、鈴木貴博の新作空想古楽の世界初演 磯辺陽(バロック・ヴァイオリン)
小川美香子(ハンマー・ダルシマー)
小川類(作曲)
折井あきつ(フラウト・トラヴェルソ)
上川忠昭(バロック・ヴィオラ)
北夙川不可止(プロデュース)
澤朱里(チェンバロ)
鈴木貴博(作曲)
中嶋寄恵(バロック・チェロ)
橋詰シャフィック(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
横山知彦(バロック・ヴァイオリン)
パリを拠点に活躍するフラウト・トラベルソ奏者折井あきつの呼びかけに応え、歌人で古楽プロデューサーの北夙川不可止が関西古楽会の精鋭に呼びかけて結成したのが中之島古樂合奏團です。
その記念すべき旗揚げ公演では、バロックの名曲と共に「空想古楽」を取り入れます。安土桃山時代、南蛮人により西洋音楽が日本に持ち込まれて盛んに演奏され、かの信長も聴き、また天正遣欧少年使節が帰国後秀吉の御前で演奏した、とも伝わります。もし信長が本能寺で殺されず、日本が鎖国しなかったら……。空想の翼を広げ、日本と欧州の奏法が影響を与え合えばどんな作品が生まれていたか、それを現代の作曲家の手に委ねるのが「空想古楽」です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
サロン・ドゥ・螺の演奏会一覧
サロン・ドゥ・螺全演奏曲リスト
サロン・ドゥ・螺のホームページ
J.S.バッハのブランデンブルク協奏曲第5番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus