大塚玲子音楽事務所 大塚玲子ピアノリサイタル(文化庁委託事業)


クリックで拡大します

日時: 2019年9月24日(火) 
開演: 19時 (開場: 18時30分)
   
会場:
東京文化会館 小ホール

曲目:
チャイコフスキー
 「四季」Op.37bis より「1月 炉端にて」「4月 松雪草」「11月 トロイカ」
グリンカ=バラキレフ
 「ひばり」
シューベルト=リスト
 「白鳥の歌」 S.560より 第10曲「愛の便り」
シューベルト=リスト:
 4つの歌曲 S.562より 第1曲「万霊節の連祷」
リスト
 巡礼の年 第2年「イタリア」より「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」 S.161/R.10-7
アレンスキー
 24の性格的小品 Op.36より 第23曲「アンダンテと変奏曲」ロ長調
スクリャービン
 ピアノソナタ 変ホ短調
スクリャービン
 2つの詩曲 Op.32

   ピアノ: 大塚玲子

チケット: 自由席 2500円
チケット販売:
Reiko Otuka Official Page
https://reikootsuka.com/archives/894
「リストと19世紀後半のロシアピアにズム」…リストの驚異的なピアニズムや彼が得意とする歌曲作品の編曲は、私自身が学んだロシアの教授達を含めリスト直系の弟子(ロシアの偉大なピアニスト達)によって大切に受け継がれ、歌心とロマンティズムに溢れ、且つ華麗な技巧を特徴とするロシアピアニズムに多大な影響を与えた。リストとロシアの作曲家達のつながりを限られた時間で最大限に表現したく、今回のプログラムを構成しました。

「知られざるスクリャービン初期ソナタを中心に」…ほとんど弾かれることのない0番のソナタの存在と魅力をまずは知ることで、スクリャービンの原点が見えてくるように思います。3楽章構成で、第1楽章は後の彼のコンサートピースである「アレグロ・アパショナート」Op.4に結実するヴィルトゥオーゾな作品です。スクリャービンがモスクワ音楽院に入学する1889年に若くして完成された曲だが、ロマン派的で分かりやすい構成とはいえ、既にスクリャービンの和声感や歌いまわし、リズム感などの個性が要所要所に表れていて面白く感じます。非常にロマン派的でショパンの影響を受けた初期作品から、左手の麻痺がきっかけで宗教や神秘主義に足を踏み入れ、無調音楽となり、新しく奇抜な取り組みを試した後期作品までの、スクリャービン独特の作風、表現の変化・進化を、彼の人生をなぞる様に味わうことができると思います。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
大塚玲子音楽事務所の演奏会一覧
大塚玲子音楽事務所全演奏曲リスト
大塚玲子音楽事務所のホームページ
チャイコフスキーの四季のCDを検索
バラキレフの3つのロシアの主題による序曲第1番のCDを検索
シューベルトの歌曲集「白鳥の歌」のCDを検索
リストの巡礼の年のCDを検索
アレンスキーの24の性格的小品のCDを検索
スクリャービンのピアノ・ソナタ変ホ短調のCDを検索
スクリャービンの2つの詩曲のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus