立命館大学交響楽団 第120回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年12月21日(金)
会場:
京都コンサートホール 大ホール

曲目:
オッフェンバック
 喜歌劇「天国と地獄」より序曲
シベリウス
 ヴァイオリン協奏曲 ニ短調Op.47
  ヴァイオリン: 植田リサ
サン=サーンス
 交響曲第3番ハ短調Op.78 「オルガン付き」
  オルガン: 追中宏美

指揮:
   阪哲朗
   松島弘樹(学生)

立命館大学交響楽団による第120回定期演奏会です。
節目となる今回の演奏会ではオッフェンバックの「天国と地獄」より序曲、シベリウスのヴァイオリン協奏曲、そしてメインにはサン=サーンスの交響曲第3番を演奏致します。

指揮には当団のオーケストラアドヴァイザーを務める阪哲朗さんをお迎えし、ヴァイオリン協奏曲のソリストとして植田リサさん、サン=サーンスのオルガン奏者として追中宏美さんと共演致します。

京都コンサートホールに鳴り響くオルガンの音色と立響の全力をお聴き下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
立命館大学交響楽団の演奏会一覧
立命館大学交響楽団全演奏曲リスト
立命館大学交響楽団のホームページ
立命館大学交響楽団のツイッターアカウント
オッフェンバックの「天国と地獄」のCDを検索
シベリウスのヴァイオリン協奏曲のCDを検索
サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus