サン=サーンス

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saens, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、オルガニスト、ピアニスト。印象主義音楽の台頭の中で、近代音楽を批判して古典主義、ロマン主義を貫いた。
●サン=サーンスの曲を演奏する演奏会
(今後のが10件、過去のが623件登録されています)

●登録されているサン=サーンスの作品一覧(33件登録)
●サン=サーンスのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響曲第3番「オルガン付」:187回
2. 歌劇「サムソンとデリラ」:114回
3. 交響詩「死の舞踏」:112回
4. ヴァイオリン協奏曲第3番:58回
5. チェロ協奏曲第1番:34回
6. 組曲「動物の謝肉祭」:33回
サン=サーンス率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. トラオム祝祭管弦楽団:60%のサン=サーンス率
2. オーケストラ・ミュズニック:33.3%のサン=サーンス率
3. Orchestra Dropwort:22.2%のサン=サーンス率
4. 新日本交響楽団:20%のサン=サーンス率
4. メトロポリタン・トロンボーン・アンサンブル:20%のサン=サーンス率
4. Suisse Romande Trio:20%のサン=サーンス率
4. piaNA(佐久間あすか・西本夏生):20%のサン=サーンス率
ネット上のサン=サーンス関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus