サン=サーンス

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saens, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、オルガニスト、ピアニスト。印象主義音楽の台頭の中で、近代音楽を批判して古典主義、ロマン主義を貫いた。
●サン=サーンスの曲を演奏する演奏会
(今後のが9件、過去のが663件登録されています)

●登録されているサン=サーンスの作品一覧(35件登録)
●サン=サーンスのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響曲第3番「オルガン付」:196回
2. 歌劇「サムソンとデリラ」:120回
3. 交響詩「死の舞踏」:118回
4. ヴァイオリン協奏曲第3番:59回
5. 組曲「動物の謝肉祭」:37回
6. チェロ協奏曲第1番:35回
サン=サーンス率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. トラオム祝祭管弦楽団:60%のサン=サーンス率
2. オーケストラ・ミュズニック:33.3%のサン=サーンス率
3. Orchestra Dropwort:22.2%のサン=サーンス率
4. Suisse Romande Trio:20%のサン=サーンス率
4. piaNA(佐久間あすか・西本夏生):20%のサン=サーンス率
ネット上のサン=サーンス関連情報(自動収集)
デュトワ(指揮)、ロンドン・シンフォニエッタ / サンサーンス:動物の謝肉祭 他 (2019-2-23 16:01:32)
チョン・キョンファ/ロンドン響/フォスター (2019-2-23 16:00:48)
歌劇「サムソンとデリラ」 サンサーンス作曲 (あらすじ/内容) (2019-2-23 11:18:25)
好みとしては、サンサーンス (2019-2-23 10:58:30)
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 (2019-2-23 08:50:33)
発達障害児 音と映像に歓声 OEK演奏など金沢で催し (2019-2-18 21:13:00)
1950年来日録音も収録!ラザール・レヴィ&ヴィクトル・スタウ ... (2019-2-14 07:53:00)
夫婦で奏でるハーモニー♪♪ (2019-2-13 21:19:00)
大分とローマ、400年の縁確かめるアルゲリッチ音楽祭 (2019-2-12 02:27:00)
comments powered by Disqus