サン=サーンス

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saens, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、オルガニスト、ピアニスト。印象主義音楽の台頭の中で、近代音楽を批判して古典主義、ロマン主義を貫いた。
●サン=サーンスの曲を演奏する演奏会
(今後のが5件、過去のが737件登録されています)

●登録されているサン=サーンスの作品一覧(39件登録)
●サン=サーンスのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 交響曲第3番「オルガン付」:211回
2. 交響詩「死の舞踏」:132回
3. 歌劇「サムソンとデリラ」:127回
4. ヴァイオリン協奏曲第3番:60回
5. 組曲「動物の謝肉祭」:50回
6. チェロ協奏曲第1番:38回
サン=サーンス率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. トラオム祝祭管弦楽団:42.8%のサン=サーンス率
2. 中央大学音楽研究会混声合唱団:33.3%のサン=サーンス率
3. オーケストラ・ミュズニック:25%のサン=サーンス率
4. Orchestra Dropwort:22.2%のサン=サーンス率
ネット上のサン=サーンス関連情報(自動収集)
2月23日クラシック演奏会 国内トップの演奏者集う 白河市コミネス (2021-1-24 01:27:00)
指揮者3人体制で臨む、日本センチュリー交響楽団2021年シーズン ... (2021-1-22 10:00:00)
指揮者3人体制で臨む、日本センチュリー交響楽団2021年シーズン ... (2021-1-22 10:00:00)
【1/20 #日めくりクラシック音楽 】今日はフランスの作曲家 ... (2021-1-20 04:54:00)
プレゼント 「高木和弘のサン=サーンス讃」の招待券を5人に (2021-1-15 23:49:00)
東京二期会「サムソンとデリラ」 テクノロジー融合に可能性 (2021-1-15 10:10:00)
テクノロジー融合に可能性 東京二期会「サムソンとデリラ」 (2021-1-15 07:30:00)
アメリカの伝説的ヴァイオリニスト!マイケル・レビンの全商業 ... (2021-1-12 16:00:00)
comments powered by Disqus